シンプル化の恐怖(スプリングスレッド)

溶ける糸と溶けない糸どちらがいい?

東京郊外の50代女性がスプリングスレッド相談に来られました。

40代の頃から、
ほほのたるみ、ほうれい線、マリオネットライン
が気になっていたそうです。

以前、たるみの相談で
有名美容外科に相談に行ったところ、

「溶ける糸と溶けない糸どちらがいいですか?」

とだけ言われ・・
当然のように溶ける糸のリフトアップ施術・糸のフェイスリフトを
選んでしまったそうです。

スプリングスレッドの長所を完全無視

そして、その結果はこれまた当然のように・・
何の効果も感じなかったそうです。

溶ける糸と溶けない糸どちらがいいですか?
というシンプルな質問自体・・
ずいぶんと意図的ですよね。
思いっきり溶ける糸の方に誘導してますよね。

スプリングスレッドのような
溶けない糸のリフトアップ施術の良い部分を
思いっきり無視したような態度ですよね。

でも、このような話はまだマシかもしれません。
こんな話もありました。

スプリングスレッドを宣伝しているのに在庫がない

スプリングスレッドがホームページのメニューに
あたかも看板メニューであるかのように
シッカリと載っている他院で

「スプリングスレッドを受けたい」
とドクターに直に相談したら、

ドクターがスタッフに対して
「うちのメニューにスプリングスレッドなんてあったっけ?」
「えっ、あるの?」
「在庫がありません・・」

なんて、やり取りが聞こえてきて・・

「それでは、お取り寄せになるので、早めに連絡ください」
と事務的に言われたという話や・・

スプリングスレッドって溶けないんですよ危険なんですよ

「スプリングスレッドって溶けないんですよ。
危険なんですよ。
あなた、本当にそんなもの入れても大丈夫ですか?
一度入れてしまうと簡単には取り出せないんですよ。いいんですね?」

などと恐怖心をわざとあおって脅された・・
なんて話もありました・・

溶けるのか溶けないのか以外の性質・要素を
全て無視するかのような発言ですよね。

そのような先生方の頭の中は、
都合が悪いものは全てとっぱらって
「溶ける=安全」「溶けない=危険」
という簡単な図式のようです。

溶ける糸はリフトアップ効果がない

誰にでも分かる理屈として
溶ける糸の方がリフトアップ効果が少なく、
しかも、その効果のほとんどは
“スキンタイトニングだけ”といったものです。
そのうえ、それさえ長持ちしません。効果が持続しません。

そのような事実をわざと目をつぶって
説明をしているかのようなクリニックが
非常に多いのは問題だと思います。

また、スプリングスレッドのような
溶けない糸のリフトアップ施術・糸のフェイスリフトは危険なだけで、
効果やその持続期間はそんなに変わらない
なんて意見の先生方もいらっしゃいますが、
おそらく、そのような場合は、
なにかしら入れ方が悪いのだと思います。

わたくしもごつい引き上げタイプの
有名な溶ける糸のリフトアップ施術や
切る手術などを自ら執刀してきましたが、
その経験を通して言いましても、
スプリングスレッドではそれらとはぜんぜん違う効果や効果の持続を感じ続けています。

溶けるは普遍的価値?

溶けることの安全性が言われ続けて
「溶ける」という言葉は、その価値から言って
「平和」「自由」「平等」などと
あたかも同列のように
まるで普遍的な価値があるかのように扱われてきました。

そして、たくさんの人が溶けることは
安全そのものであるかのように信じている
神話のような雰囲気がまんえんしていますので
そのような空気感を覆すのは
なかなか骨が折れることです。

スプリングスレッドの説明は感染などリスク中心

でも、誤解がないように
わたくしはスプリングスレッドの説明をするとき
良いところばかり羅列しているわけではありません。

それどころか・・カウンセリングでは、
スプリングスレッドの長所については
少ししか話しません。

逆に、感染と感染対策の話は長々
くどくどと話しています。

このことには、そうしないとならない
ちゃんとした理由があります。

紙に書いた文章を見せて
事務的にさらりと説明したところで
記憶に残らなければ、
シッカリ説明したようには思ってもらえません。

いざ、感染した時は、
誰でもまさか自分が感染するとは
夢にも思っていないので・・

長々と書かれた説明同意書の一行に
感染の話が盛り込まれていたとしても
ボッタくりのお店の小さく書いてある
価格表を見たときと同じような気持ちになるでしょう。

その結果・・大きなトラブルのもとになります。

でも、このような方式は外国人の方には
通用しないようです。

わたくしがあまりに感染などの
デメリットについてくどくど話すため、
「暗に手術を断っているのだ」
と勘違いされて、外国人は多くの方がご立腹されます。

 

溶ける糸のリフトアップ施術・糸のフェイスリフト、コラーゲンはスキンタイトニング、引き締めの用語です。コラーゲンでリフトアップできるなんて・・誰も本気で思っていませんよね。

 

スプリングスレッドについてはこちら

https://www.teachings-facelift.com/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/guidance/slack/spring/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/faq_spring/