美容外科学会でスプリングスレッドの講演(その1)

糸のフェイスリフトのシンポジスト

先日、美容外科学会の会長から
糸のリフトアップ・糸のフェイスリフトのシンポジストに
指名していただきました。

シンポジストのメンバーは様々でしたが、
全員が糸のリフトアップ施術・糸のフェイスリフトを
たくさん行っている先生方でした。

メンバーの内訳ですが、
座長の先生は切るフェイスリフトも
糸のリフトアップ施術も一通り何でも
されている有名なベテランの先生で、

シンポジストは合計で5人でして、
溶ける糸派=女医さん2人
溶けない糸派=わたくしを含む男性2人
溶ける糸と溶けない糸の両方派=男性の先生1人
というメンバーでした。

結局・・溶ける糸のリフトアップが優勢

溶けない糸のリフトアップ施術・糸のフェイスリフトを
行っているのは男性だけでした。

発表ではいろいろな意見があって、
意見がぶつかったと言えます。

女性医師2人が溶ける糸派で、
溶けない糸を自分の顔には入れたくない
という意見で会自体が締めくくられた
という雰囲気でした。

座長の先生は溶けない糸反対派だと
ご自分でおっしゃっていました。

それでもスプリングスレッドの発表は反響が大きかった

でも・・
わたくしのスプリングスレッドの発表は
なかなか反響が大きかったようです。

発表が終わった後、
フロアーで中堅~若手の先生方から
質問攻めしていただきました。

また、大勢の先生方が
スプリングスレッドのメーカーに
問い合わせをしたようで、

後日、メーカーの方から
「問い合わせが多くてビックリしました」
というお話を聞きました。

溶けない糸を入れていると老けにくくなる

今回、特に興味深かったのは、
糸のリフトアップ施術を非常に長い間
たくさん行ってこられた先生による

「溶けない糸を入れていると老けにくくなる」

という発表内容でした。

このことはわたくしも以前から常々、
漠然とは感じていたのですが・・
いや、むしろ確信すら持っていたのですが、
どうやって証明したらよいものか
全く分からずにいました。

その先生の発表では、
糸を入れる前、入れた後、1年後、
2年後、数年後などのたくさんの写真を
複数の人に無作為に見せて、
何才なのかを当てさせて統計を取り、
そのデータを出されていました。

客観的に評価したデータで
非常に面白かったです。

溶けない糸を入れると
それ以後は一切老けない
というわけではないが、
マイナス5歳の見た目がずっと続く
という内容でした。

ちなみに溶ける糸には
そのような効果はないそうです。

感覚では分かっていても、
(それどころか、確信すら持っていても)
どのように証明したらよいものか、
どう言えば説得力があるのか
なかなか分かりませんよね。

客観性を持たせた評価法を用いると
こんなにも説得力があるものなのか・・
と感心しました。

コラーゲンではリフトアップできない

また、溶けない糸のリフトアップ施術を
長年されている先生の
「コラーゲン云々と言うのは言葉のあやでしょ!」

という意見にも
まったく同感でして・・

ムチ打ちになるほど
うなづきっぱなしでした。

スプリングスレッドのような
超強力な糸を上手く使うことができれば、
永遠にずーっとマイナス10歳で
いられる可能性すらあると思いました。

なにせ・・スプリングスレッドは
他の糸(溶ける・溶けないに関わらず)の
リフトアップ施術を受けたことがある人の
全員がその効果と持続力に驚かれています。

しかも、それだけでなく、
切るフェイスリフト手術後の方々までも
全く同じように効果とその持続に対して驚かれています。

 

スプリングスレッドではこのような卵型のフェイスラインを実現できますし、その効果は長期間持続します。

 

スプリングスレッドについてはこちら

https://www.teachings-facelift.com/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/guidance/slack/spring/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/faq_spring/