溶ける糸・切る手術・スプリングスレッド

溶ける糸のフェイスリフト・リフトアップは効果の持続が悪い

大手美容外科で溶ける糸のリフトアップ施術・糸のフェイスリフトを受け続けています。

効果の持続が悪くて平均4カ月おきくらいで追加し続けています。

効果の持続が悪いと言ってしまいましたが、その効果も極めてマイルドです。

腫れているだけなのか、効果なのか分からないほどです。

スプリングスレッドリフトは安全?

最近、溶けない糸・特にスプリングスレッドリフトに興味を持ったのですが、現在通っているクリニックの先生からは

「溶けない糸は危険だからやめた方がいいよ。」

と言われました。

スプリングスレッドは安全ですよね?

その先生は正しいことを言われています。

スプリングスレッドは感染することもあってハッキリ言って危険ですよ。

そもそも「溶けない」という響きがとても危険に聞こえますし、溶けない糸を入れるなんて何が起きてもおかしくないと、当のわたくしでも思います。

スプリングスレッドの危険の正体は感染の確率が溶ける糸より高いこと

でも、危険の正体は何なのか・・突き詰めて考えた場合、そのほとんどは感染の確率が溶ける糸よりも高いことだと言えます。

感染する確率が高いと言っても、しょせんは確率的な話なのです。

六本木境クリニックのスタッフはほとんど全員スプリングスレッドを入れていて、誰も感染した人はいませんから、たぶん9割の人は何も起きません。

そして、スプリングスレッドを入れると何年経っても若いのでいつも驚かされています。

また、他の糸や切るフェイスリフト手術後のかたさえも、そのあまりの効果や持続期間におどろいています。

スプリングスレッドのような溶けない糸の悪口が横行するわけ

一方、溶ける糸は満足行くほど上がっているのは長く見積もっても1か月くらいじゃないでしょうか?コスパは最高に悪いですよね。

受けるかたにとってコスパが最高に悪いということはクリニック側にとっては最高に収益がいいということです。

そのため、向きになって溶けない糸の悪口を学会でも公言するし、向きになって宣伝します。

そのため、ますます、雪だるま式に溶けない糸を危険だと思う医者も一般のかたも増えて行くわけです。

溶ける糸のフェイスリフト・リフトアップの問題点!

そして、何よりも溶ける糸が問題なのは、スプリングスレッドのような溶けない糸が感染しても比較的簡単に抜けますが、溶けない糸は感染の確率こそ極めて少ないですが、一旦感染してしまうと地獄だそうです。

感染しても糸が溶けていて抜けないため、糸を取り出すことができず、痛くて熱が出たり、顔が赤く腫れあがって、汁が出続けて、挙句の果てには色素沈着やシコリが残ってしまうそうです。

でも、クリニック側の説明は簡単ですよね。

いずれ溶けますから我慢してください・・と言われ続けて、地獄のような状態のまま何か月も我慢させられます。

スプリングスレッドはハイリスク・ハイリターンの頂点ですが、溶けない糸はほとんどノーリスク・ノーリターン・・ただ、お金を取られて痛いだけ・・でも、極まれにスプリングスレッドの感染をはるかに超えた地獄が待っています。

わたくしは溶けない糸はたるみ治療ではなくて、コンプレックスビジネスの一種だと思っています。

溶ける糸の効果は1年くらい持続しますと説明しなさい?

溶ける糸は1年くらいもつと宣伝しておきながら、持続効果の悪さに不満を感じていました。

現在、スプリングスレッドを受けるのか、切るフェイスリフトを受けるのかで迷っています。

ありがとうございます。

わたくしも以前、当時一番長持ちの糸とされていたPDO素材の何某リフトという糸を使っていましたが、クリニック側からは「効果は1年くらい持つと説明しなさい」と言われていました。

でも、1カ月しか持たなかったと多くの人から言われ、スプリングスレッドにかえました。

その後は効果と持続期間に驚かれることしかありません。

切るフェイスリフトを受けるくらいだったらスプリングスレッド!

わたくしは切るフェイスリフトを受けられるくらいでしたら、スプリングスレッドをおすすめします。

切るフェイスリフト後のかたから、100倍効果があった・100万倍効果があったと何度言われたか分かりません。

切るフェイスリフトはハイリスク・ローリターンです。

メチャメチャ腫れて、ものすごく大変な目に会う割に効果がほとんどありません。

控えめなフェイスリフト手術では効果がゼロに思えるでしょうし、何百万円もする数時間かかる靭帯や筋膜をいじるようなフェイスリフトでも、効果はそんなにありません。

切るフェイスリフトの正体は昔の手術です。

この昔の手術というところがミソでして、昔からあるので、偉い先生方がいまだに行っています。

多くの医師はその大変さのわりに効果がないことに気付いていますが、何せ・・偉い先生がやっているので否定的なことを言えないのです。

スプリングスレッドのライバルはフェイスリフトではなくて溶ける糸!

溶ける糸にはある意味勝てない部分があります。

溶けるので安全・安心に思えることです。

どうしても安心を買いたいという人ってある一定の割合でいらっしゃいますから・・

でも、切るフェイスリフトはスプリングスレッドのライバルではありません。

リスクは切る方がわたくしは高いと思っています。

その上、内出血や腫れなどのダウンタイムはとても長く、大きな傷跡が残るし、耳やもみ上げ、こめかみが変な感じになってしまいます。

何年経っても美容室などではバレバレですし、近づくとバレることがあります。

スプリングスレッドのすごさは、上手く入れると、2~3日後くらいから、手術を受けたこと自体が全くバレないことです。

劇的な改善なのに自然すぎてバレません。

スプリングスレッドを入れてから4年後、何年経ってもこのツルっとさがスプリングスレッドの真骨頂

スプリングスレッドについてはこちら

https://www.teachings-facelift.com/

https://roppongi-sakai-clinic.com/guidance/slack/spring/

https://roppongi-sakai-clinic.com/faq_spring/