他院スプリングスレッド後、痛みとデコボコ相談

最近、他院でスプリングスレッドの側頭筋膜固定法を受けたときの典型的な相談がありました。もちろん、同じ側頭筋膜固定法でしたら、他の糸、溶ける糸・溶けない糸にかかわらず、どのような糸のリフトアップ施術(糸のフェイスリフト)でも症状はソックリです。

他院スプリングスレッド側頭筋膜固定法後相談

1か月前、他院でスプリングスレッドの施術を受けました。その後、六本木境クリニックのホームページ・ブログや動画を見て、今回、スプリングスレッドの側頭筋膜固定法を受けたあとから続く症状が、境先生が言われている側頭筋膜固定法の症状にとても似てるので不安になりました。

スプリングスレッドの側頭筋膜固定法を受けてからは食事をとるとき両側のこめかみが痛くて固形物を食べることができません。時々、頭痛もあります。スプリングスレッドのストレート法と側頭筋膜法の見分け方ってありますか?

他院スプリングスレッド側頭筋膜固定法後相談に対するお返事

スプリングスレッドの側頭筋膜法を見分ける方法

スプリングスレッドの側頭筋膜法を見分ける決定的な方法はないですが・・どこのクリニックのどの先生の施術でしょうか?

ご存知の通り、どのような施術でも医者によってクセがあります。あるいは、ホームページにスプリングスレッドの施術方法などが載っているかもしれないので参考になるかもしれません。

また、スプリングスレッドだけではなくて、どのような糸でも側頭筋膜固定をされていますと、側頭部の痛みや頭痛はたいへん長く続くかもしれません。

でも、側頭筋膜固定は必ず固定部でゆるみが生じ、後戻りが生じて引き上がっているお顔が下がってくるとともに、痛みが徐々に減って行く傾向にありますのでご安心ください。

わたくしの側頭筋膜法の経験から

わたくしは以前、溶ける糸を側頭筋膜固定法で行っていましたが、後戻りを考えて過矯正と言ってギューっとヒキツレさせていたので手術直後はまるでジャガイモのようにデコボコでした。

そして、何よりもこめかみが非常に痛いらしくて、口を動かすと激痛でお食事がとれず、いつもお叱りを受けていました。何度も同じような糸を受けている人は流動食を準備してから受けていたほどです。

そして、だんだん痛みが引くとともに後戻りして1~2ヶ月後には効果もなくなるといった話ばかりでした。

スプリングスレッドの側頭筋膜固定法の場合

でも、スプリングスレッドですと、伸び縮みがあるのでリフトアップの後戻りは他の糸の側頭筋膜固定法よりは少ないと思います。痛みが引いたあとも、リフトアップ効果が感じられるかもしれません。

また、側頭筋膜固定法でスプリングスレッドを行っている先生方によると感染の確率自体は側頭筋膜固定のほうが少ないと言います。でも、側頭筋膜固定の方が感染を起こした場合には複数の糸を一挙に抜く可能性があると考えられますが、ストレート法では1本だけ抜去すると感染は治まることが多いです。

この内容は次回に続きます。

 

糸のフェイスリフトの入れ方、側頭筋膜固定法、この方法は切るフェイスリフトのとき、ついでのように糸を入れていた時代の名残だとわたくしは思っています。

スプリングスレッドについてはこちら

https://www.teachings-facelift.com/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/guidance/slack/spring/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/faq_spring/