ローリスク・ローリターン時代の実際

スプリングスレッドの感染が少なくなっている?

最近、スプリングスレッドの感染が
少なくなっているような印象があります。

当然、少し時間が経ってから
感染兆候が出現するケースもありますので、
以前のスプリングスレッドの手術と
最近のスプリングスレッドの手術とを
同列に比べることはできません。

でも、あきらかにペースダウンしていて
以前と比べて感染がずっと少なくなった
というのは間違いないと思います。

では、何が奏を功したのでしょうか?

それは、剃毛や洗髪などの感染対策を
以前にも増して厳しく行うようになった
ということに尽きます。

スプリングスレッドはやはり比較的感染が多い手術

最近少なくなったとはいえ、
開業してからの5年間を考えますと
スプリングスレッドはやはり
比較的感染が多い手術です。

また、スプリングスレッドはある意味
大手術のひとつと言えます。

なにしろ、局所麻酔を注射する範囲が
切るフェイスリフト手術や
他の糸のリフトアップ施術の2倍以上です。

また、溶けない異物を入れるという意味では
人工関節を入れる手術並みの大手術です。

効果や持続期間を考えるとスプリングスレッドのライバル施術はない!

しかしながらその効果や効果の持続期間は
たるみ治療を広く見渡しても
ライバル施術が全く存在しないほどだと思います。

今後もスプリングスレッドを
上まわるほどの優れた施術は、
とても出て来そうにないと思います。

ハイリスク・ハイリターンのたるみ治療の分野では
スプリングスレッドが孤軍奮闘のようです。

ローリスク・ローリターン風治療はたくさんある!

一方、ローリスク・ローリターン風治療は
百貨店のようにいろいろ揃っていて
一見、何を選んでも良さそうな・・
そのような雰囲気を醸し出しています。

まるでローリスク・ローリターンの市場規模が
ハイリスク・ハイリターン分野の
百倍から千倍もあるようなイメージさえ感じます。

では、ローリスク・ローリターン風の治療って
どのようなものがあるのでしょうか?

照射系たるみ治療は老ける?

たとえば、レーザーや高周波などの
照射系のたるみ治療は、
ローリスク・ローリターン風治療の代表
のように言われてきました。

気軽に受けられる反面、患者さん側からは
「照射系のたるみ治療を受けて効果があった」
という話を全くといっていいほど
聞いたことがありません。

それどころか、
「照射系のたるみ治療を受けたら、
治療後に急激に老けた」などといった
ビックリするような相談も多く・・

なんと、弁護士さん同伴で相談に
来られた方もいらっしゃったほどです。

ヒアルロン酸などの注入系治療はハイリスク!

ヒアルロン酸などの注入系治療も
ローリスク・ローリターン風治療の代表と言えますが、
わたくしがいつも指摘しているように
上手い医師が行えば良い結果になる
というものではありません。

また、ヒアルロン酸などの注入系治療は、
打てば打つほど大きな顔になって、
重力で下がってたるみが強くなります。

これは、注入系治療特有の
避けられない特徴と言えます。
やりすぎが最も良くないと言えます。

さらに、最近では注入系治療には
動脈塞栓・逆行性動脈塞栓といった
本当におそろしい合併症の報告も相次いでいます。

真のたるみ治療は切るフェイスリフト手術か糸のリフトアップ施術!

結論として、真のたるみ治療とは、
切るフェイスリフト手術か
糸のリフトアップ施術・糸のフェイスリフトしかない
ということになるわけですが、

糸のリフトアップ施術・糸のフェイスリフトであれば、
なんでもいいのでしょうか?
どれも効果があって、その効果が長期にわたって持続できて、
良いたるみ治療なのでしょうか?

溶ける糸のフェイスリフトを希望する人は誰?

溶ける糸のリフトアップ施術・糸のフェイスリフトは
効果や持続期間よりも、「元に戻る」ということを
最大の“安心感”として売り出しています。

このことについては全く異論がありません。

わたくしが実際に行った溶ける糸の
リフトアップ施術の経験からいいましても、
また、他院で溶ける糸の施術を受けて
当院に相談に来られた方々のお話や
溶ける糸の施術をたくさん行っている
先生方から伺ったお話からいいましても
やはりこのとは事実だと思います。

確かに丁寧に上手く行えば、
溶ける糸のリフトアップ施術は
間違いなくスプリングスレッドよりずっと安全です。

溶ける糸のリフトアップ施術で感染した人は
わたくしの経験上では全くいないですし、
感染したという話もぜんぜん聞きません。

でも、効果があったという話も
患者さん側からはぜんぜん聞かないんですよね。

ですから、よくよく考えてみると、
「リスクも効果もほとんどゼロに近い」
ということじゃないでしょうか。

では、そのような施術を希望している人って
いったい誰なのでしょうか?

少なくとも受ける側にはいないですよね。

どう考えても・・
施術する側の人や・・
その施術によって儲ける人だけですよね。

「たまにはわたくしの顔を見たい」というマニアックなお願いメールがありました・・以前、テレビの報道番組に出た時の画像です1
「たまにはわたくしの顔を見たい」というマニアックなお願いメールがありました・・以前、テレビの報道番組に出た時の画像です2

 

スプリングスレッドについてはこちら

https://www.teachings-facelift.com/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/guidance/slack/spring/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/faq_spring/