リガメントリフトとスプリングスレッド

リガメントリフトではなくてスプリングスレッドを受けたい

ヨーロッパ在住の40代女性からスプリングスレッドについての
質問メールが届きました。

【Q】
加齢に伴う顔やまぶたのたるみを
解消したいと思っています。

長年、切るフェイスリフトを考えていましたが、
顔の皮をたくさんはがしたり、
リガメントを切離して位置を変えてつなげる
ということが正解ではない気がして、
受けるのを躊躇していました。

いろいろとネット検索したところ
六本木境クリニックのコラムやブログにたどりつき
その内容・意見が正解もしくは
正解に極めて近いように感じました。

海外に住んでいるので、
里帰りする期間にスプリングスレッドを
受けたいのですが可能でしょうか?

【A】

切るフェイスリフトはお顔の正面には効果がない!

ご指摘通り、切るフェイスリフトは
たるみ改善に対して得策とはいえません。

「リガメント(靭帯)を切って移動するような
本格的な切るフェイスリフトを受けたのに
顔が横に引っ張られただけで、
実感できる効果がほとんどなかった」

と、他院でフェイスリフトを受けて、
六本木境クリニックに相談に来られた方の
ほとんどが実際におっしゃっています。
特に東洋人にこうした傾向が多くみられるようです。

しかもなんと・・切るフェイスリフトを受けても
それがたとえ、有名な先生の超高額・ガッツリ系の
リガメントリフトであったとしても
肝心のほうれい線やマリオネットラインに
効果があったという話は患者さんからだけでなく、
医者からもほとんど聞かれません。

切るフェイスリフトで有名なクリニックに
たるみの相談に行ったというのに、

「切ってもほうれい線やマリオネットラインなど
お顔の正面には効果がない」という理由から、

ヒアルロン酸や脂肪注入などの注入系治療や
溶ける糸のリフトアップ施術を勧められた
等という話はたいへん多いです。

他院フェイスリフト後スプリングスレッドには全員がびっくり

他院で切るフェイスリフトを受けた後に
六本木境クリニックでスプリングスレッドを
お受けになったほぼ全員の方が、
あまりの効果にびっくりして
このようにおっしゃっています。

「どうして切るよりも効果があるの?
ひょっとして、切る手術の時に失敗されたのかな?
私の顔立ちが特に切る手術に向かないのでしょうか?」

違いますよね。
切るフェイスリフトが失敗だったり
やったふり手術(フェイクリフト)だったり
その人が特に切るフェイスリフトに
向かない顔立ちだったり・・

そのようなケースバイケース的な
話ではありませんよね。

切るフェイスリフトという手術自体に問題がある

受けた人全員が効果を感じられないのは、
切るフェイスリフトという施術自体が
無理のある手術方法だからです。

効果を出したい部分の大半は
ほうれい線やマリオネットラインなど
お顔の正面や中心部のはずです。

ですが、切るフェイスリフトとは、
そこから遠く離れた部分を無理やり引っ張って
お顔のように重たいものを持ち上げようとする
無理のある手術です。

お顔の正面に長期効果がある施術はスプリングスレッド

ほうれい線やマリオネットラインなど
お顔の正面に効果がある施術は、
注入系治療かスプリングスレッドしかありません。

ですが、注入系治療は無理やり膨らませる施術です。
多量・頻回に受け続けると必ず大きな顔になります。

ほうれい線やマリオネットラインなど
お顔の正面にまで理想的な改善効果や
その効果の長期間にわたっての持続が見込める施術は
スプリングスレッドしかないでしょう。

なぜ頬はスプリングスレッドでまぶたは眉下切開?

わたくしはお顔のたるみには
糸のリフトアップ施術(スプリングスレッド)を。
まぶたのたるみには糸ではなく、
切るリフトアップ施術(眉下切開)をお勧めしています。

このことは、一見矛盾しているように
感じられるかもしれません。
でも、ちゃんとした理由があるのです。

フェイスリフトと眉下切開とを比較した場合、
切開線から効果を出したい部位までの距離は10倍、
持ち上げたい部分の重みは数百倍も差があります。
総合すると、眉下切開の方がお顔のフェイスリフトよりも
1000倍も有利と言えるのでしょう。

スプリングスレッドの感染などのリスク

また、スプリングスレッドは
感染を生じる確率が比較的高いため、
もし感染兆候が現れた場合に、
すぐに来院していただける方限定で
お受けいただいております。
もちろん海外からの方でも・・です。

カウンセリングではリスク説明を十分に行います。

当院ではカウンセリングをお受けいただいてから、
改めて手術のご予約をいただいております。
ですから、最初にご連絡いただいてから
実際に手術をお受けいただけるのは
国内の方であっても少し先となります。

ご遠方の方や海外の方の場合、
実際の手術は初診カウンセリングから
およそ半年後や1年後というケースが多いようです。

切るフェイスリフトは西洋人のように頬骨の小さい人には比較的効果があるが、それでもスプリングスレッドのように強力な糸のリフトアップ施術のほうがより効果的だと思われる。
ましてや、頬骨が大きく張り出した東洋人で切るフェイスリフトはすごく無理がある。スプリングスレッドのように強力な糸のリフトアップ施術のほうがはるかに効果的だと思われる。

 

スプリングスレッドについてはこちら

https://www.teachings-facelift.com/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/guidance/slack/spring/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/faq_spring/