大阪の女性から二重埋没法後 眉下切開についての質問がありました。
【Q】
まぶたの厚みによって二重のラインが隠れてしまい、
奥二重ぎみになってしまいました。
年齢を重ねるほど、ひどくなってきています。
眉下切開を希望しているのですが、
ひとつ心配していることがあります。
20代の頃に埋没法を受けて
一重まぶたを二重にしました。
眉下切開を受けた後、埋没法で作った二重が
どのようになるのか心配です。
眉下切開を受けると
二重ラインが消えてしまったり、
浅くなったりするのでしょうか?
また、引き連れたり、
変な感じになったりするものでしょうか?
【A】
眉下切開が直接の原因で埋没が取れてしまう
ということはほとんどないと思います。
これまで、二重埋没手術後の方にも
眉下切開を行ってきましたが、
今まで一度も「埋没が取れてしまった」
と言われたことはありません。
でも、浅くなる可能性は否定できません。
しかしながら、埋没の入り方によっては、
眉下切開だけでは自然な結果になりにくい場合があります。
奥二重気味であったり、
自然な感じに見える幅が狭い埋没の場合は
まず問題ありませんが・・
主にたるみをごまかすため
埋没が高い位置に入っていて
幅広の二重になっている場合は注意が必要です。
その場合、切開法で二重ラインをわざと下げて、
それから眉下切開を行うと、
自然でスッキリとした結果になることが多いようです。
この場合、二重ラインの方も皮膚切開して、
縫合するのですが、糸が二重ラインのじゃまをするため、
抜糸が終わるまではかなり不自然な二重になりがちで、
1週間前後見苦しいかもしれません。
ダウンタイムは眉下切開単独手術より長めです。
埋没法でつくった二重ラインが高い位置にあるにも関わらず、
ダウンタイムが気になるという理由で眉下切開だけを行うと、
控えめにしか皮膚を切り取ることがでませんので
物足りない手術結果となるかもしれません。
しかし、実際に眉下切開の手術をすると
意外にも喜ばれることがほとんどです。
埋没でつくった幅広二重の方は、
もともと眉下が狭い人と同じように
眉下の手術操作部(切開する部分)から
二重ラインまでの距離が短いため、
狭く切除しても効果が出やすいのかもしれません。
若い頃にせっかく埋没で二重を作ったのに
年齢とともにだんだんと奥二重になってきている
ということですよね?
そのような場合は、
眉下切開で良い結果になることが
圧倒的に多いと思います。
また、若い方の眉下切開では、傷跡が最大の問題ですので
「六本木境クリニックが良い」と断言できます。
眉下切開の傷跡は、クリニックによって激しく差があります。
眉下切開が上手いと思われている
有名クリニックであっても注意が必要です。
そのようなクリニックで眉下切開を受けた方からの
すさまじくひどい傷跡についての相談がとても多いです。
診察してみないことには明言できませんので、
一度カウンセリングにお越しください。
傷跡の拡大画像をたくさんお見せして、
十分にご説明します。
また、六本木境クリニックのスタッフ全員が
眉下切開を受けていますので
生の傷跡を間近でお見せすることができます。
DSCN0188
DSCN0189
京都・貴船神社。
相生の杉。ハッキリ言ってでかいです。