東京都内の20代女性から二重埋没後眉下切開相談がありました。

【Q】
2年前、「できるだけ幅広の二重にして欲しい」と希望して、
大手美容外科で埋没法の手術を受けたのですが、

だんだん、二重幅が狭くなってきて、
鏡を見るたびに二重幅を広げたいと思っていました。

でも、ネット上でいろいろな情報を読んでいましたら、
「二重ラインの手術を繰り返すと整形顔になる」
と書かれていまして・・・
今では眉下切開に興味を持っています。

もともと幅広の二重が好きで、
このこと自体が自然と言えるかどうか微妙かもしれませんが・・

今とかわらない雰囲気のまま・・
自然なイメージのままで・・・
最低でも、前回、埋没法を受けたときの
直後の二重幅くらいにはしたいです。

眉下切開でそのようなことは可能でしょうか?
【A】
たるみ埋没や幅広の埋没法を受けている方は
眉下切開でたくさん皮膚を切り取ることができません。

このような方の場合、眉下切開単独では効果が乏しく、
切開法によって二重ラインを下げたり、
挙筋前転をおこなったりしつつ、
同時に眉下切開をおこなってガッツリたるみを取る
という方法の方がずっと効果的です。

当然、二重ラインを下げた方が、
眉毛から二重までの皮膚が増えるので
その分、眉下切開でたくさん皮膚を切除できます。

二重切開法や眼瞼下垂の手術後に、
整形顔に見える最も大きな原因は、

二重部分に本来あるべきはずの
「二重を形成するのに適した、薄くしなやかな皮膚」
を切り取り過ぎてしまい、
不自然な二重になってしまっている
ということです。

このことは、
一度にガッツリ切り取った場合に限った話ではありません。

複数回手術を受けて、少しづつ切除する場合であっても、
受けるたびに皮膚が切り取られますので、
合計するとたくさんの皮膚が切り取られている場合もあるでしょう。

その結果、まぶたの薄くしなやかな部分がなくなってしまい、
分厚く、動きが悪い、独特な二重となってしまいます。

世間には、二重切開法や眼瞼下垂の手術が非常に多く、
このことによって、世の中の人は、
そのような顔が整形顔だと思っている節があります。

そのため二重切開法や眼瞼下垂の手術を受けると
多くの人が思っているような
典型的な整形顔となってしまいます。

一方、眉下切開を併用する手術では、
たるんだ皮膚は二重ラインで切除せずに眉下切開で切りとります。
その結果、皮膚の薄い部分で二重が形成されるため、
しなやかなでより理想的な二重となります。

眉下切開は整形顔にならないための予防措置にもなります。

また、薄くしなやかな部位に二重ラインがある方が
まぶたが開きやすいため、
眉下切開を行うと眼瞼下垂にもなりにくいと言えます。

眉下切開だけ先におこなった場合、
皮膚のたるみをあまり切除できないため、
その後に追加で他の手術を行っても
効果を感じにくいかもしれませんし、
このような場合には、二重ラインの修正手術をはさんで
再度、眉下切開を希望されることが多いように感じています。

でも・・・
以前、切開法で幅広の二重にしたコスプレイヤーの方に
控えめな眉下切開をおこなったところ、
なんと・・メチャメチャ喜ばれました。

そのような経験を通して、
幅広二重の手術を受けている方に対して、
控えめな眉下切開をおこなうことについて
一概に否定もできないなと思いました。

こういった場合、
控えめな手術しかなく、自由度が低いのですが、
その範囲の中でも「思っていたより良かった」
と、言われることを常に目指しています。

まぶたの手術を一度も受けたことがない方の眉下切開は
全勝と言っても良いくらい、
眉下切開は本当に良い手術です。

でも、まぶたの手術を一度でも受けたことがある方ですと、
眉下切開前のまぶたの状態にさまざまな差があるだけでなく、
眉下切開手術後の変化に対する感じ方も・・
人によってさまざまのようです。

そして、まぶたの手術経験のあるかたでも、

全力で眉下切開を行い良い結果になるように頑張ります。

 

DSCN9456

DSCN9455

DSCN9457
六本木のおしゃれなお店「マーサブランチ」

できたばかりの頃は長い行列でしたが、
少し落ち着いたようです。