眉下切開法・眉下リフト(眉毛下皮膚切除法)の手術方法について

眉下切開法(眉下リフト)をたくさんやっていると、当然、他院で眉下切開を受けた方からの修正相談もあります。「傷跡がキレイ」を取るのか、「たるみをガッツリ取る」ことを取るのか?とまるで二者択一であるかのように言われたなどといった話をよく聞きますが、上手く行うことができれば、両方を難なくクリアーすることができると言えるでしょう。それが眉下切開法(眉毛下皮膚切除術)という手術です。

外側だけ切られると外側に向かって引っ張られるので、まぶたの内側に線が入ることが多いようです。また、線が入っていなくても何となく引っ張られてにらんだような目つきになっている人はもっと多いように思われます。六本木境クリニックに相談に来られた他院眉下切開症例の9割以上はこのような状態に思われました。

そして、外側だけ切られた眉下切開法は効果を感じにくいものです。自分で鏡を見た時、黒目の上あたりが一番気になる人が多いけど、外側だけ切られた眉下切開では目頭から黒目の上あたりの効果はありません。

眉下切開で外側だけ切られると外側に向かって引っ張られる

眉下切開で外側だけ切られると外側に向かって引っ張られる

実際にみるとこんな感じに見える

また、眉毛から離れた傷跡が非常に多い、やはり・・この状況も六本木境クリニックに相談に来られた他院眉下切開症例の9割以上に思われます。

どれだけ眉毛に切り込んでも、毛包斜切断法が上手く行かないと、毛根が死ぬため眉毛が抜けて白い線状瘢痕や溝となって目立ちます。眉毛からキズが離れるのではなくてキズから眉毛が抜けながら離れて行くらしいです。

毛包斜切開法やウィッジインシジョン、毛根を傷つけないように眉毛の下に沿ってなどと言った表現を使う場合、そもそも毛包斜切断ではなくて、反対方向にメスをねせて切っている。そのようなケースでは毛包斜切断法が上手く行かない場合よりもずっと眉毛から離れた傷跡になります。
また、最近よく見かけるのは眉毛の形とは逆の下側に凸の傷跡です。これは目立たせない意図が感じられないので眉毛のところをケガで切ったように見えます。また、同じように眉毛全長切開されている場合には、ちょうど傷跡が眉毛を縁取っているかのように見えて、下手なアートメイクをされたように見えます。

上述のように他院で眉下切開法(眉下リフト)を受けた人の中には、まぶたの外側だけを切り取られたために外側に向かって引っ張られて、引き連れて変な線が入っている人やエステティックユニットを無視していて、眉毛と大きく離れた傷跡の人がたくさんいます。また、毛包斜切断を上手く行えていなくてニキビ状のデコボコになっていたり・・

そのようなことにならないためには、どのように切って縫うのが良いのでしょうか?わたくしの眉下切開(眉下リフト)の方法を多くの中堅・若手の形成外科や美容外科の先生方から質問されることが非常に多いですので、ここでわたくしの眉下切開(眉下リフト)の方法を詳述します。

眉毛に沿った眉毛全長切開によって患者さんやその周りの人が、その人の眉毛だと思っている雰囲気に仕上げることと毛包斜切断によって傷跡から毛が生えるようにすることが大切です。

まず眉毛を描いている人には手術当日に眉毛を描いてきてもらい参考にします。アートメイクが入っている人にはそのアートメイクについてどう思っているのか質問します。「アートメイクのこの部分のこの形・角度が流行遅れで嫌いです」、「アートメイクはおおむね気に入っています」などといった内容です。その内容いかんによっては、手術後もアートメイクを生かすためアートメイクに沿って切ったり、アートメイクの外側を切り取ったり、アートメイクを無視して手術したりとアートメイクの状況によって手術方針を決定します。

わたくしの眉下切開(眉下リフト)は2時間かけて行いますが、通常30分から40分と言われている眉下切開(眉下リフト)でなぜそんなに時間がかかるのでしょうか?その理由ですが、わたくしの毛包斜切断法はかなり極端に斜めに切りますので、丁寧に縫わなければ非常にひどいことになります。眉毛に沿った傷跡は曲線で弧を描いていますよね。曲線で弧を描くような傷跡はトラップドア変形(飾り窓変形)という有名な変形を生じやすいと言われています。このトラップドア変形を警戒しすぎて直線状の傷跡や眉毛の形が変になっている他院症例が多くみられます。

斜めに切れば切るほど、睫毛側の皮膚は薄くなり眉毛側の分厚い皮膚の上に乗りあがりやすくなりますので、このトラップドア変形が強調され段差になる傾向があります。この対策のために睫毛側の非常に薄い皮膚に1、眉毛側の分厚い皮膚に9の比率で糸をかけて縫うのですが・・この操作は至難のわざです。どう考えても逆の方がずっとずっとやりやすいですよね。ちょっと気を抜くと睫毛側の極薄の皮膚がちぎれてギザギザになってしまいます。

また、睫毛側の皮膚は薄くてペラペラなのでインバートと言って皮膚がクルっと内側にロール状に巻き込まれて、アテロームやミリウムと言ってニキビ状のできものができて治らなくなってしまいます。この対策としてはエバートと言って皮膚をわずかに翻転させながら縫わないとなりません。また、剥離は内側の睫毛側だけ行っています。全体のバランスとしてはローテーションフラップ(回転皮弁)と言って眉頭側ほど内側に移動させるようにして縫います。手術用照明を何度も消して目を開けてもらいまぶた全体のバランスを見ながら、何度もやり直すことがあります。

眉下切開(眉下リフト)の具体的な方法(マクロ編:全体的な話)

トラップドア変形(飾り窓変形)
形成外科では常識中の常識、曲線状の傷跡では高確率に発生するとされる。瘢痕拘縮(傷跡が縮む現象)の一種、曲線の内側の肉が盛り上がったように見える。このトラップドア変形を恐れるあまりに直線状で外側の眉毛がなくなったヤンキーのような眉毛にされている人が多いように思います。

眉下切開(眉下リフト)による典型的なトラップドア変形、まぶた全体が膨らんで眉毛がくぼんで見えたり、段差になっている症例が多い。

理想的な眉下切開(眉下リフト)は、ローテーションフラップ(回転皮弁)

眉下切開(眉下リフト)での縫合では眉毛全長切開によるローテーションフラップ(回転皮弁)方式が、まぶたの形が変によれたり外側に向かって引き攣れにくく、理想的だとわたくしは思います。

適応の性質と内容が少しかぶっているかもしれませんが、このように本当にさまざまな適応があり、それぞれの領域・分野で従来広くおこなわれてきた多くの手術や施術を凌駕したり、置き換わるかもしれないというポテンシャルを秘めています。

眉毛全長切開によるローテーションフラップ(回転皮弁)方式

眉下切開(眉下リフト)の具体的な方法(ミクロ編:毛包斜切断法と運針)

毛包斜切断法
わたくしのようなかなり斜めに切る毛包斜切断法では縫うことが非常に難しいと言えます。また、上述のようにキズ全体を(マクロ的に)見ると、斜めに切れば切るほどトラップドア変形(飾り窓変形)が強調されやすい。毛包斜切断法の縫合で1針1針について具体的に何が難しいかというと、睫毛側のうすい皮膚をより一層薄く切るので、ちぎれやすく、内側にローリングしやすい。皮膚がちぎれたりローリングすると上皮成分が皮下に埋入してアテロームやミリウムのようなニキビ状のできものができて治らなくなったり、凸凹の傷跡になりやすい。

このためにかえって傷跡が汚くなり、デコボコになったり、ニキビ状のものができて治らなくなるなどといった意見が多いです。実際に他院眉下切開(眉下リフト)後にそのような相談が多い。

トラップドアと睫毛側の薄い皮膚が眉毛側の分厚い皮膚に乗り上げること、薄い皮膚がちぎれたりローリングしたりすることを防ぐためには、睫毛側の薄い皮膚に1、眉毛側の分厚い皮膚に9の割合、1対9で糸をかける。この時、下記のように薄い皮膚が少し外側に翻転(エバート)するようにかけることが内側にローリング(インバート)するのを防ぐ対策になる。

また、理想的な結紮(糸結び)は一撃必殺の2動作による外科結紮1回だと思います。3動作以上になると細い糸でもノッド(結び目)が目立ちます。また、わたくしの経験上、結び目が二つ以上(3動作以上)になると気が抜けるためか、かえってほどけやすいように思います。結び目が1つの方が背水の陣や薩摩の示現流と同じでほどけにくいように思います。

「Part3」につづく>