六本木境クリニックには質問メールがたくさん来ますが、
刺青・タトゥー除去治療に関するものもとても多いです。
【Q】
25cm×7cmの刺青があります。
レーザー除去を5回受けたのですが、
施術中はものすごい痛みで・・
途中でクリニックを替えたのですが、
結局、痛みも水ぶくれも全然変わりませんでした。
両方とも刺青・タトゥーのレーザー除去で
超有名なクリニックだったのですが、
両方とも本当にものすごい痛みでした。
刺青は確かに少し薄くなったのですが、
あちこちが凸凹になって・・
赤黒い盛り上がった傷あとになってしまいました。
レーザーは無傷でキレイに消える
なんてウソだと思います。
別にキレイでも無傷でもありませんし、
「消える」という言葉とは無縁なように感じます。
元の刺青の方がずっとキレイでした。
かえって汚くなって・・みじめなイメージです。
後悔しかありません・・
今は変な皮膚のところを切除することだけが望みです。
少々、リスクが高くなってもいいので切除希望です。
参考までに写真を添付します。
【A】
お写真ありがとうございます。拝見しました。
たしかに凸凹で汚いイメージですね。
切除してリセットしたいお気持ち・・
十分わかりますが・・
切除をおすすめできないのは、
リスクがあるからというわけではなく、
切除できる可能性が全くないからです。
もし「切除できる」という医者がいたとしたら、
気が狂っているか、
目の前の人からお金をむしり取ることしか
考えていないのでしょう。
(この場合もお金に狂っていると言えますが)
1番良いのは、一切治療を受けないで、
カバーマークなどで隠し続けること。
2番目に良いのは、
削皮・剥削して、2~3回レーザーを当てること。
3番目は、
数年かかって少し薄くなる程度かもしれませんが、
最新のピコレーザーを当てることです。
例えば「3回で分割切除する」と言われた場合、
まともな判断力のある人でしたら、
1回目の切除手術で痛くなってかゆくなって
幅広い汚い傷あとになって、普通はあきらめます。
でも、刺青・タトゥー除去のように悪い結果ばかりと言う世界では
何かにすがりたくなる気持ちも十分に分かりますし、
まともな判断ができないほど追い込まれる人が多いことも
お気持ちは分かります。
しかし、この大きさの刺青を切除できる確率はゼロです。
また、切除できるかどうかの判断は
素人の方でも簡単にできます。
皮膚の端と端をつまんでみてください。
我慢できるという程度では切除できません。
端と端をつまんだまま生活できるかどうかです。
皮膚はほとんど伸びないのです。
よって、この部位では2~3cmでしたら
切除できるかもしれませんが、
それでも・・すごく目立つ汚い傷あとになって、
感染したり糸が出てきたりして、
下手すると、チクチクした痛みが残って・・
臭い汁が絶えず出続けて・・
ずーっと苦しむことになります。
7cm幅の刺青切除ですと、
何となく2cmくらいは取れたけど、
2~3cm幅の赤黒いミミズ腫れの
巨大な傷あとができてしまい、
「やらなければよかった」
という結果になります。
また、「皮膚は時間をかければ伸びる」
という夢のような魔法のような意見はウソですので、
だまされないでください。
ただの商売用のキャッチフレーズです。
刺青やタトゥーの除去は、
正直言って、キレイにとれる方法など一切ない
というほど厳しい世界です。
ですが、六本木境クリニックでは、この部位の削皮・剥削は、
結構キレイな結果が出ておりますので、
カウンセリングにお越しいただけますと
モニター写真をお見せできます。
見るだけでも一見の価値があるかもしれません。
また、削皮・剥削に興味がある場合は、
術前にレーザーを受けないようにお願いします。
レーザーを受ければ受けるほど、
デコボコとマダラが残りやすいですから、
六本木交差点横の花屋さんも
クリスマスカラーに染まりましたね。