眉下切開に興味を持ってから、もう3年になります。
若い頃は二重でしたが、徐々に奥二重になってしまいました。

まぶたのたるみと厚ぼったさが気になって、
大手美容外科へ相談に行ってみました。

最初は二重ラインで切開するのだろうな?
と思っていたのですが、眉下切開の当日施術を勧められました。
でも、話があまりにも短く、具体的でなかったこともあり、
なにか嫌な予感がして・・・
「もう一度考えさせてください」と言って一旦帰宅しました。

その後、ネットで「眉下切開」を検索するようになり、
いろいろなクリニックのホームページやブログを散々読み漁りました。
実際に眉下切開のカウンセリングにも数回行きました。

他のクリニックと比較すると本当に大きな差がありそうに思えて
六本木境クリニックで眉下切開を受けたい気持ちが強いのですが
筋肉(眼輪筋)の操作がないのが一番心配です。

眉下切開では筋肉(眼輪筋)の操作がないとダウンタイムは少ないけど
効果がないというような意見をネット上で読みましたし、
実際にカウンセリングでも聞かされました。
この女性、術前は上記のように心配されていたのですが、
眉下切開の術後、鏡を見て非常に喜んでいらっしゃいました。

「自然な仕上がりで、人にはバレなさそうですが、
ある意味、劇的変化です。
眉下切開を受けたら高校生の頃よりも二重幅が広がりました」

最高のほめ言葉でした。
喜んでいただけて、わたくしも本当にうれしいです。

最近、眉下切開が非常に調子よく、大絶賛が続いています。
美容外科では、本当に医者の調子が良いことが一番大切ですよね。

DSCN9879
新芽。