眼瞼下垂や眉下切開と保険適用・医療保険

六本木境クリニックのスプリングスレッド2年後の持続効果

東京都内の40代女性がスプリングスレッド後、
眉毛下切開相談に来られました。
【Q】
2年前、六本木境クリニックで
スプリングスレッドを受けました。
今でもツルリとしていて、
たるんだ感じがしません。
今まで受けてきたいろいろな美容施術とは
比較にならないほどの持続効果を感じています。
六本木境クリニックでスプリングスレッドを受けて
本当に良かったです。ありがとうございました。

眼瞼下垂を形成外科ですすめられた

話は変わりますが、
境先生にご相談したいことがあります。
30代後半くらいから
まぶたのたるみを感じていたのですが、
最近、特にまぶたのたるみや目の上が重たい感じ、
頭痛・肩こりがどんどん強くなってきました。
近くの総合病院形成外科を受診したところ、
形成外科の部長先生から
「眼瞼下垂のせいかもしれません。
眼瞼下垂の手術を受けると、
いろいろな症状が改善できるでしょう。」
と言われました。

眼瞼下垂と眉毛下切開

もし、眼瞼下垂だとしても、
眼瞼下垂の手術ではなく、眉毛下切開でも
症状を改善できるものでしょうか?
それとも、眼瞼下垂の手術でなければ
症状が良くならないのでしょうか?
眼瞼下垂の手術、眉毛下切開どちらであっても
境先生にお願いしたいと思っています。

眼瞼下垂と医療保険の適応・適用・診断書?

ところで、眼瞼下垂の場合は、
わたしが入っている医療保険の適応・適用?になるようですが、
診断書を書いていただくことは可能ですか?
【A】
スプリングスレッドは大変な手術ですが、
ご満足いただけて本当にうれしいです。
診断書の件ですが、
保険会社に眼瞼下垂の診断書を出す場合、
保険点数を書く箇所もありますので、
この場合にはどうも保険適応の眼瞼下垂の
手術を指しているようです。

誰にでも眼瞼下垂と診断して手術をしたがる

また、最近の風潮として、
誰にでも眼瞼下垂と診断して、
保険で眼瞼下垂の手術をしたがる医師が多いです。
ですが、最近の学会でも眼瞼下垂手術の保険適応については
「2mm以下しか開瞼できない人が保険適応」
と言われていました。

六本木境クリニックでは保険での眼瞼下垂の手術を行っていない

ちなみに六本木境クリニックでは、
保険での眼瞼下垂の手術自体を行っていません。
ですので、眼瞼下垂の手術であっても、
眉下切開であっても、保険は適応されず、
単なる自費の美容整形手術という扱いになります。
よって、眼瞼下垂の手術の診断書を
お書きすることができないのです。

眼瞼下垂の手術よりも眉毛下切開

また、眼瞼下垂の手術というものは、
ハトが豆鉄砲をくらったような変なビックリ目や
見るからに整形に失敗したような
独特な目になることが多いですし、
目じりのしわが必ず深くなります。
ですから、わたくしはお勧めしていません。
逆に、眉毛下切開は自然な仕上がりで
若々しい大きな目になります。
しかも、目じりのしわが劇的に減ります。
大変お勧めの手術です。
わたくしも眼瞼下垂の程度によっては
眉毛下切開+眼瞼下垂の手術を行っています。

眉毛下切開だけでも目が開きやすくなる

でも、最近では、眉毛下切開だけでも
まぶたの重さが取れて、目が開きやすくなるためか
眼瞼下垂の症状がかなり改善されて、
わたくしも患者さんもお互いに
ビックリすることがよくあります。
また、眼瞼下垂の手術を先に受けてしまうと
眉毛下切開がやりにくくなってしまいますが、
眉毛下切開を先に受けても眼瞼下垂の手術が
受けにくくなるということはありません。
ですから、ほとんどの場合、
まずは眉毛下切開の手術をお勧めしています。
スプリングスレッドのカウンセリングの時に
既に眉毛下切開のご説明もしていますし、
同意書もいただいておりますので、
お電話での手術予約が可能です。
でも、ご不明な点が多い場合は、
再カウンセリングもできます。
その場合もお電話でご予約をお願いいたします。
眼瞼下垂の手術後によくある分厚い皮膚でできた二重、このような状態にならないことが眉毛下切開の良い所です。