東京都内の30代女性から眉下切開について質問がありました。
【Q】
若い頃に幅の狭い控えめな二重埋没を受けたのですが、
まぶたがたるんで二重ラインが浅くなってきました。
最近、よく肩がこります。
まぶたがたるんできたのとほぼ同時に
肩がこってきたように思いますので、
眉下切開を受ければ肩こりも良くなるのでは?
と何となく思っています。
すでに、六本木境クリニックで眉下切開の
カウンセリング予約をしていますが、
4か月待ちでかなり時間がありますし、
(※最近ではそんなに待ちません)
専門の医者だったらそんなに差がないはず、
意見も手術のクオリティーも
きっと似たようなものに違いない、
と、思いまして・・
他のクリニックのカウンセリングも受けてみました。
そうしましたら、そのクリニックでは、
「眉下切開は傷あとが必ず目立つ手術です。
それが大前提ですよ。
どうも二重ラインの手術に自信がない医者が、
眉下切開をすすめているようですね。
あなたの場合、二重ラインで8ミリくらい
皮膚切除するといいですよ。」
と言われました。
「不自然になりませんか?」
と質問すると
「全くなりません」
とのことでした・・・
でも、その後、そのクリニックの
術後モニター写真をいろいろ見てみたら、
どの顔も何となく不自然でした。
整形顔にも別人顔にもなるのが嫌なので、
六本木境クリニックのカウンセリングを受けてから
全てを判断したいと思っています。
仕事が忙しくて、お休みがほとんど取れません・・
眉下切開と二重切開を同日に受けることは可能ですか?
【A】
わたくしは眼瞼下垂や二重切開法は15年、
眉下切開は10年、埋没法は7年の経験があります。
ですから、二重切開が不得意な医者には
あてはまらないと思います。
眼瞼下垂の手術や二重切開法から
美容外科を始めた医者ですので、
二重切開法や眉下切開などの切る手術が得意です。
埋没法はむしろ経験が比較的少ないと言えます。
二重ラインで8mmも皮膚切除すると
独特な不自然顔・整形顔になると思います。
全く別人の顔になるでしょう。
また、目じりの皮膚はかえって余るので
目じりのしわやたるみが非常に悪化します。
切開法や眼瞼下垂の手術後に
かえって老けて見えるようになった
という笑えない相談があるほどです。
それに対して、眉下切開の場合は、
自然な仕上がりで目じりのしわも減ります。
眉下切開の場合、傷あとが一番の問題と言えます。
有名クリニックでの眉下切開であっても
また、有名な先生の執刀による眉下切開であっても
汚い傷跡になってしまったケースが非常に多く・・
心配されるのも無理がありません。
医者による差は100倍だと思います。
わたくしはキズや傷あとに一番こだわっています。
カウンセリングにお越しいただけると
モニター写真を数枚お見せできます。
拡大写真もお見せできます。
また、当院のスタッフ全員が自ら希望して
眉下切開を受けていますので、
傷あとを直接お見せすることも可能です。
このことは意外と重要です。
画像ですと、画像処理しているかもしれません。
また、照明・ライト・フラッシュで
ごまかしているかもしれませんし、
厚化粧で隠しているかもしれません。
もし、その必要があれば、
眉下切開と切開法を同日施術できますが、
最近は眉下切開の調子が良いため、
ほとんどの方が眉下切開だけで
かなり良い結果を出せているように思います。
カウンセリングの時によく見せていただき、
眉下切開だけで勝算がありそうなのか、
先に切開法を行った方が良いのか、
眉下切開と二重切開法を同日に行った方が良いのか
判断させてください。
六本木で見かけたクリスマスツリー。