眉下切開+切らない眼瞼下垂の手術

腫れぼったい目の人の眉下切開

東京都内の40代女性から眉下切開・眉下リフトについて質問がありました。
もともと腫れぼったいまぶたでして、
40歳を過ぎた頃から
目が開きにくくなってきました。

常に眉毛を持ち上げて目を開けているため、
ひたいにしわが目立っています。

肩こりや眼精疲労も強く、
目を開けるのが大変に感じています。

また、まぶたがまつ毛に乗っているため、
いつもマスカラでまぶたが汚れています。

皮膚のたるみは眉下切開・目の開きは眼瞼下垂の手術?

いくつか良さそうなクリニックに
相談に行きましたが、どのクリニックも
金太郎アメや判を押したかのように
全くそっくりな回答でした。

皮膚のたるみを眉下切開で改善し、
切らない眼瞼下垂の手術で目の開き改善する
というのが最良の方法とのことです。

このふたつの手術はどのクリニックでも
同時にできるそうです。

眉下切開は白くて目立つ傷跡が残る?

でも、眉下切開後の傷跡については
クリニックによって意見が違っていて、
「数か月で傷跡がほとんど見えなくなる」
という先生もいれば、
「人によっては白くて目立つ傷跡が残る場合がある」
という先生もいました。

傷跡がずっと目立つのではないかと
心配でなかなか決心がつきません。

有名なクリニックでも
「傷跡が目立つことがある」とのことでした。
どうしてでしょうか?

毛包斜切断法を用いて眉下切開をすれば、
術後に傷の部分から眉毛が生えてきて
傷が隠れるため、眉下切開の傷跡が
目立たなくなるのではないでしょうか?

もしかして、毛包斜切断法で
眉下切開を行ってくれる医者が
あまりいないのでしょうか?

【A】

眉下切開単独手術でいろんなことが改善される!

まぶたの厚ぼったさと開きにくさは、
ほとんどの場合、眉下切開単独手術で
上手く改善されると思います。

切らない眼瞼下垂の手術が
必要となることはまれだと思います。

切らない眼瞼下垂の手術を併用した方が
別人顔や整形顔になることが多く
ダウンタイムも長くなると思います。

切らない眼瞼下垂の手術は眼科の先生が反対!

また、切らない眼瞼下垂の手術などの
埋没法系の手術では、
まぶたの一番大切な機能である
目玉を守るという機能が
障害される可能性があるため、
ほとんどの眼科の先生方は
切らない眼瞼下垂の手術や
埋没法のような手術に反対だと言います。

眼科の先生によると
まぶたは眼球にジャストフィットしているのが理想で
もともと涙液の流れがあるそうですが
切らない眼瞼下垂の手術や埋没法のような手術の後には
まぶたの裏側の結膜がよれるため、
涙液の流れが滞る部分ができるそうです。

眉下切開で傷跡に自信がありますはウソが多い!

「キズや傷跡に自信があります」
とホームページなどに書いている
クリニックも多いようですが・・
実際にカウンセリングに行くと、
不思議と・・そんなことはないようです。

そのような事情もあってか・・
キズや傷跡に一番自信がありそうな当院へ
キズや傷跡が特に気になる女性の方や
男性の方が来られる傾向にあるようです。

眉下切開で毛包斜切断法を使いこなせる医師は少ない!

毛包斜切断法は非常に有名な切開法のため
「毛包斜切断法で行っています」
とうたっているクリニックの方が
むしろ多いくらいですが・・

不思議と他院の眉下切開症例では
キレイな傷跡を見たことがありません。

眉下切開のときに毛包斜切断法を上手く使いこなせている医師は
思いのほか少ないようです。

六本木境クリニックの眉下切開のキズや傷跡は別格!

六本木境クリニックの眉下切開のキズや傷跡は
多くの形成外科医・美容外科医がウソつきだ
と言いそうなレベルであることは
ほぼ間違いなさそうですので・・

当院で眉下切開・眉下リフトをお受けにならないとしても
カウンセリングのときにお見せできる
眉下切開のキズ・傷跡の拡大写真や
実際に眉下切開を受けた当院のスタッフの傷跡は
一見の価値があると思います。

毛包斜切断法による眉下切開の真骨頂・・眉下切開3年後の傷跡、わたくしが拡大鏡で一生懸命に傷跡を捜したが、どこに傷跡があるのか全く分からなかった。

 

眉下切開についてはこちら

https://www.problem-eyelid.net/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/guidance/eyelids/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/faq_mayushita/