眉下切開とひたいのしわ・目尻のしわ

ひたいのしわに二重手術や眼瞼下垂の手術は当然

先日、東京都内の30代女性がひたいのしわと目尻のしわについて

相談するために六本木境クリニックに来院されました。

【患者さん】
若い頃からひたいのしわが気になっていて
有名美容外科クリニックに相談にいきました。

するとなぜか・・
二重切開法を勧められました。
意外でした・・

 

【境】
いえいえ、それって実は・・
ぜんぜん意外じゃないですよ。
ある意味当然です。

ひたいのしわ相談で受診した人が
ひたいに直接行うような施術を
提案されたとしたら、

この先生って分かってないよね。
大丈夫・・?

って、目周りの手術に詳しい人なら、
ドン引きするものです。

ひたいのしわというものは、
若い頃から厚ぼったい一重であったり
眼瞼下垂や老化現象などで
まぶたがたるんで開きにくい
という状況のときに生じます。

まぶたが開きにくいと、
十分な視野を確保しようとして
無条件反射的に
ひたいの筋肉(前頭筋)に力が入り、
しわができるようになるわけです。

ひたいのしわにはボツリヌストキシン注射?

ひたいのしわの治療には
ボツリヌストキシン注射が
よく用いられていますが、

確かにボツリヌストキシン注射で
ひたいのしわは劇的に改善します。

でも・・その分・・ひたいの前頭筋の力が抜けて
まぶたのたるみが・・
悪化して感じますよね~

そうした場合、医者に相談すると、
「半年くらい待てば元に戻りますよ」
なんて言われますが・・

元には戻りませんよね。

半年経つと確かに・・
ピーク時よりはマシになりますが、

「施術前より間違いなくたるんだ」
という話をよく聞きます。

さらにそのことを医者に相談すると、

「老化やたるみが
加速する年齢に差し掛かっただけです」

「ボツリヌストキシン注射のせいではありません」
と言われるのが落ちです。

ひたいのしわは眉下切開や二重や眼瞼下垂の手術

それに対して、眉下切開はもちろん、
眼瞼下垂の手術や二重切開法や埋没法など
まぶたの手術を受けると、

ひたいのしわが改善されて
しかも自然な動きが得られて良い結果となります。

目尻のしわにはボツリヌストキシン注射?

目尻のしわに関しては
また状況が大きく異なります。

ボツリヌストキシン注射を
目尻のしわに対して打ったところ、

「目の下に変なクマができた」
「目の下がたるんだ」

という相談が多いです。

しかも、こうした症状は、
ボツリヌストキシン注射を
以後は打たずに
待っていても完全に
治るものではないでしょう。

眼瞼下垂の手術や二重手術では目尻があまる

また、切る眼瞼下垂の手術であれ
切らない眼瞼下垂の手術であれ
二重切開法であれ、埋没法であれ
上まぶたのたるみ取り手術であれ

これらの二重ラインでの手術では、
まぶたの外側から目尻の皮膚が
必ず余ってしまいます。

高齢の方がこれらの手術を受けると
目尻のしわがすぐに悪化します。

また、若年の方であっても、
あきらかにその傾向があります。

例えば、20代で二重ラインの
手術を受けたとしましょう。
その場合、すぐには目尻のしわに
困ったりはしないでしょうけれど、
他の人よりも早く目尻のしわが
気になるようになりがちです。

周りの人が40代になって初めて
目尻のしわが気になってきたというのに、
自分だけは30代で既に気になっている・・
という感じです。

眉下切開ではひたいのしわも目尻のしわも改善

眉下切開はひたいのしわも
目尻のしわも改善できる傾向があります。

そして、そのようなものは実は他には一切なくて
唯一無二と言っても過言ではありません。

二重ラインの手術を受けて
まぶたの外側から目尻の皮膚が
余ってしまった・・
という人であっても

眉下切開を受けると
目尻のたるみや目尻のしわが
改善される傾向にあります。

二重や眼瞼下垂の手術の前に眉下切開を!

でも・・
眉下切開は眼瞼下垂の手術や埋没・切開など二重ラインの手術を
受けたことがない人の方が
結果がいいんですよね。

ですから、わたくしとしましては、
できれば・・二重ラインの手術の前に
眉下切開を受けて欲しいと思っています。

逆に眉下切開を先に受けても、
二重ラインの手術がやりにくくなる
ということはないようです。

ひたいのボツリヌストキシン注射だったり、眼瞼下垂の手術や埋没・切開などの二重の手術だったり、ひたいの前頭筋の力が抜ける施術を受けると、必ず、目尻のしわとたるみが悪化する。ひたいのしわも目尻のしわ・たるみもともに改善できる施術は眉下切開だけです。

 

眉下切開についてはこちら

https://www.problem-eyelid.net/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/guidance/eyelids/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/faq_mayushita/