眉下切開で脂肪を取ること・筋肉を取ること

六本木境クリニックのスタッフは眉下切開を受けている

六本木境クリニックの眉下切開(眉下リフト)では、目立たないきれいな傷跡を目指し、日々努力を重ねております。

傷跡はもちろん、施術直後のキズに関しましても、患者さんからお褒めいただくことがたいへん多く、そのことが売りとなっています。

そのため、眉下切開(眉下リフト)についての質問で多いものは、キズや傷跡についてです。

眉下切開のキズや傷跡については、カウンセリングに来ていただけるととても分かりやすいかと思います。

数は少ないのですが、眉下切開のモニター症例写真画像をお見せして、詳しくご説明することができます。キズや傷跡の画像を拡大してお見せしますので、仕上がりがどのようなものかイメージしやすいでしょう。

モニター症例写真がかなり少ない理由は、5年前から手術がずーっと満員でして、モニターを取る時間的な余裕がないからです。

また、六本木境クリニックでは、女性スタッフの一人を除いて全員が眉下切開(眉下リフト)を受けていますので、写真だけでなく、実際の傷跡も見ていただくことが可能です。

六本木境クリニックの女性スタッフは全員、こちらからお願いして眉下切開(眉下リフト)を受けてもらったわけではなく、自ら希望して受けたのですが、どうやら、患者さんが眉下切開を受けてきれいになっていく様子を毎日のように見ていたら、うらやましくなって自分も受けたくなったようです。

ちなみに彼女たちはスプリングスレッドも自ら希望して受けています。

眉下切開と同時に脂肪や筋肉を取るべきか?

眉下切開で脂肪や筋肉を取るとゴツゴツする

キズや傷跡以外の質問で多いのは、「まぶたが厚ぼったい場合、眉下切開(眉下リフト)と同時に脂肪や筋肉を取るべきか?」といった内容です。

まぶたの厚ぼったさが気になる人は、脂肪や筋肉を取るとすっきりすると考えがちかと思いますが、

まぶたでもっとも突出していて高くなっている部分は“骨”ですので、筋肉や脂肪を取ってしまうと骨との段差ができてしまい、ゴツゴツした印象になりがちです。

他のクリニックで眉下切開(眉下リフト)を受けて、眼輪筋や脂肪を取ったという方々から、「目元がゴツゴツして、ゴリラっぽくなった」「男顔になってしまった」などという相談が多いです。

眉下切開で脂肪や筋肉を取ると痛みが残る

また、他院で眉下切開(眉下リフト)を受けて、「筋肉や脂肪を取られた」という人は、違和感や痛みを強く訴えるケースが多いです。

実は、このことはごく当たり前のことだと思います。

神経・血管というものは木とソックリでして、皮膚の深いところほど、太くて重要なものが走っていて、それらが損傷すると重大な症状が残る傾向にあります。逆に、浅くなるにつれて、細く枝分かれして、損傷してもそれほど支障がない傾向にあります。

ですから、六本木境クリニックの眉下切開(眉下リフト)ような皮膚や皮下だけの手術(浅い部分だけの手術)と、

眼輪筋やその下の部分にまで及ぶような手術(深い部分の手術)とでは、損傷する神経・血管の重要度が大きく違ってきます。

眉下切開で脂肪を取るような深い部分までの手術のほうが、はるかに内出血がひどいでしょうし、神経を損傷する可能性が高くなると言えるでしょう。

最終的な結果が良ければ、内出血や腫れなどのダウンタイムがひどくても全くかまわない」と言う方もときどきいらっしゃいますが・・、内出血がひどいとシコリやしみのようなものが残る場合があります。

また、たいへんな問題となるのは神経損傷でして、ひとたび起こってしまうと、ひどいしびれ、違和感、痛みなどが生じるようになってしまいます。

ペインクリニックに通い続けている気の毒な方もいらっしゃるくらいです。

一旦、神経症状が出てしまうと、なかなか治らない場合もあります。

 

ちょうど木のように深いところほど、太い神経血管が走っている。太い血管を損傷した場合、内出血・腫れがひどくダウンタイムが長くなる。太い神経を損傷すると、違和感や痛みに長期に悩まされることがある。

 

眉下切開についてはこちら

https://www.problem-eyelid.net/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/guidance/eyelids/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/faq_mayushita/