わたくしのブログの
ヒアルロン酸についての記事に
美容外科の大先輩から「言い過ぎだ」
とのご指摘がありました。
確かにそうかもしれませんが・・
また、スプリングスレッドのような溶けない糸については、
ブログでもコラムでも口頭でも・・
「そもそも溶けない異物を入れるの?危険だよ!」
と・・・常に一刀両断、ケチョンケチョンで・・
まるで議論の余地もないかのような扱いでした。
「溶ける」と言う言葉は、
最近まで「絶対安全」と言わんばかりで・・・
絶対の価値があるかのような扱いでした。
ヒアルロン酸でも糸のリフトでも同じです。
溶ける糸の方が溶けない糸よりも持続効果が短い
ということは素人でも分かるはずなのに、
溶けると言う魔法のような言葉がついているだけで、
まるで「勝負にならない」「絶対的価値がある」
というのは本当に変なことです。
特にヒアルロン酸については、
最近まで、そのリスクや欠点について
口に出すことはタブーでした。
いまだにヒアルロン酸の欠点を
気軽に言うことができない本当の理由は
ただの多数決のように思います。
多くの医師が多くの患者さんに対して
ヒアルロン注入を行っているので、
多数決では最強の美容施術の1つと言えます。
患者さんにとってヒアルロン酸が
気軽で安全で良い治療というのではなく、
多くの医師にとって
気軽・お手軽というだけであって、
多くの医師が長年宣伝し続けたため、
多くの人が良いもの安全なものと信じて
洗脳されているというのが真実でしょう。
ヒアルロン酸については、
最近では動脈塞栓・逆行性動脈塞栓などといった
恐ろしいリスクもしっかり報告されています。
でも、実は、わたくしも、
スプリングスレッドの術前説明では
「危険です」と正直に話しています。
別にスプリングスレッドが安全
と思っているわけではないのです。
ヒアルロン酸はやはりシンプルに
足し算の施術であって、
少し入れると少し顔が大きくなる。
たくさん入れたり、何度も何度も入れると
すごく顔が大きくなる。
足すことで重みが加わり、
重力で下がる・たるむ。
目の下やゴルゴラインに
ヒアルロン酸を入れている人は
ほうれい線が目立っていることが多いですし、
ほうれい線にヒアルロン酸を入れている人は
マリオネットラインが目立っているようです。
また、入れれば入れるほど、
下膨れになったり、
四角い顔になったりしているようです。
「若いころよりも小顔になった」
という人はまずいませんので
若返りたい願望の中には
若いころのような小顔になりたいと言うものも含まれます。
反対にヒアルロン酸を入れると現在の顔よりも
もっと大きくなります。
そこがヒアルロン酸の欠点です。
ヒアルロン酸は溶けるので
どんどん入れ続けてよいのでしょうか?
絶対に違いますよね。
ヒアルロン酸は溶けてほしい時には溶けず、
溶けてほしくないときには溶けて減る
とも言われています。
何でも思い通りにはなりませんよね。
最近、美容に詳しい60代の女性が、
当院でスプリングスレッドをお受けになりました。
この方は、有名芸能人が通うような
いろいろな美容外科で
手術・照射系治療・ヒアルロン酸など、
を繰り返し経験されたそうですが、
「スプリングスレッドを受けたら
若いころと同じようなあごのラインになった。
若いころに近い顔の小ささに戻った。
今まで40年以上かけて受けてきた
何百という施術の全てを足したよりも
スプリングスレッド1回の方が絶対に効果があった」
と喜んでいらっしゃいました。
スプリングスレッド信者のわたくしも
さすがにこの感想を聞いた時には、
口が開いたままでした。
dscn0502
麻布で見かけた花。
なんだか・・ほっとしますね。