女医さんと思っていた方の眉下切開

六本木境クリニックでは、女性医師や女性歯科医師の先生方にもたくさん来院いただいております。

先日、40代の女性が来院されたのですが、わたくしが女医さんだと勘違いしてしまったほどするどい意見をお持ちでした。その時の会話です。

ボツリヌストキシン注射でまぶたが下がる

<患者さん> ひたいのしわが気になって、某美容クリニックに相談に行ったところ、ボツリヌストキシン注射を勧められました。

勧められるがままにひたいにボツリヌストキシン注射を打ったところ、ひたいがツルツルになったので、ひたいに対しては「かわいいじゃん」と思ったのですが、

まぶたがどんどんたるんで下がってしまい、目が開かなくなってしまいました・・それで、ひたいのしわの原因は、実はまぶたにあるんじゃないかと思いました。

<境> さすがです。まるで医者のような意見ですね。
(どのような職業なんでしょうか?たぶん医者ですよね。と・・心の中で思いました。)

ボツリヌストキシン注射で下がったまぶたは戻らない

<患者さん>その後、ひたいのボツリヌストキシン注射は二度と打っていないのですが、まぶたのたるみは元に戻っていません。

ずっと若い頃にまぶたに二重埋没法を受けたのですが、それ以来、まぶたのことが気になったことは一度もありませんでした。

それなのに、ひたいにボツリヌストキシン注射を打ったら、急にまぶたのたるみが気になるようになったので、やはりボツリヌストキシン注射の影響かと思います。

それから、ボツリヌストキシン注射を打ってから、なんだか肩こりがひどくなったように感じます。

ひたいとまぶたはつながっている

<境> ひたいのボツリヌストキシン注射がダイレクトにまぶたに影響したというよりも、ひたいがたるんだことによって、そう感じるのだと思います。ひたいとまぶたはつながっています。

ボツリヌストキシン注射は筋肉を弱めます。筋肉が弱ると、皮膚は重力に敗けて下がりますので、たるむ傾向にあります。

いったん筋肉が弱ってしまうと、なかなか元に戻りませんし、長期間かけて戻ったとしても完全には元に戻らないように思います。

まぶたのたるみに埋没?

<患者さん> まぶたのたるみがひどくなったので、また二重埋没法を受けようかといろいろネットで検索していたのですが、「たるんでいるのに埋没はないだろう、たるんだ皮膚を切り取らないとダメだよね。」と思うようになりました。

<境> おっしゃる通りです。「たるみ埋没法」とは、たるんだ皮膚を二重ラインの中に無理やり押し込めるような施術ですので・・自然な仕上がりは期待できないように思います・・

眉下切開でたるんだ皮膚を思いっきり切り取って欲しい

<患者さん> ひたいにボツリヌストキシン注射を打ったら、まぶたが一気にたるんでしまいショックです・・ボツリヌストキシン注射を受ける前もまぶたが少したるんでいたように思いますが、それは年齢とともに徐々にたるんだのであって、特に気にしていませんでした。

むしろ、若い頃つり目だったので、年齢とともに少したるんで丁度良くなったと思っていました。若い頃の目元に戻るのも嫌ですが、たるみ過ぎて老け込んでいるのはもっと嫌です。

眉下切開(眉下リフト)でたるんだ皮膚を思いっきり切り取って欲しいです。もし、上り過ぎたら目じり切開でも受けますから、思いっきり切ってください・・

——– ここまでがカウンセリングの時の会話です ———

この後、この女性は、六本木境クリニックで実際に眉下切開(眉下リフト)をお受けになりました。以下は、眉下切開(眉下リフト)後の会話です。

眉下切開(眉下リフト)後の感想

<患者さん>

六本木境クリニックで眉下切開(眉下リフト)を受けて、とてもよかったです。眉下切開(眉下リフト)を受けて困ったことは、キズが治るまでの間、かゆかったことくらいです。

内出血や腫れはひどかったのですが、手術直後のキズや傷跡は、ぜんぜん気になりませんでしたし、周囲の人にバレませんでした。

眉下切開(眉下リフト)を受けて満足しているので、スプリングスレッドにも興味が出てきました。

お顔のリフトアップ系では、溶ける糸のリフトアップ施術と切るフェイスリフトを受けたことがあるのですが、溶ける糸のリフトアップ施術なんて・・すぐ元に戻ってしまい・・ぜんぜんでしたよ・・

<境>

そうでしたか。溶ける糸のリフトアップ施術に関しては、そのようなお話をよく聞きます・・

切るフェイスリフトの方はどうでしたか?リフトアップ効果は感じられましたか?

<患者さん>

うーん・・ちょっとだけ・・って感じでした。

<境>

ところで・・お仕事は何をされてるんですか?

<患者さん>

弁護士です。

<境>

えっ・・・弁護士の先生だったんですか?

いろいろとあまりにするどいことをおっしゃるので、てっきり女医さんかと思っていました・・

——– ここまでが眉下切開(眉下リフト)後の会話です ———

六本木境クリニックでは、女性医師、女性税理士、女性の大学教授の方々にもご来院いただいております。

今回は女性弁護士の先生とのやり取りでした。

 

今年一年ありがとうございました。
来年も六本木境クリニックを
どうぞ宜しくお願いいたします。

まぶたがたるんだり、眼瞼下垂になったりして目が開きにくくなると、前頭筋に力が入り視野を確保しようとします。その結果として、ひたいのしわがひどくなるというわけです。ひたいのしわに対して、対症療法的にボツリヌストキシン注射を行うことは、ひたいの前頭筋の力が抜けて、まぶたがますます下がることになるので、本末転倒に思えます。
まぶたがたるんだり、眼瞼下垂になったりして目が開きにくくなると、前頭筋に力が入り視野を確保しようとします。その結果として、ひたいのしわがひどくなるわけですので、眉下切開や眼瞼下垂の手術でまぶたが開きやすくなることはひたいのしわの根本的な治療だと言えます。

眉下切開についてはこちら

https://www.problem-eyelid.net/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/guidance/eyelids/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/faq_mayushita/