他院修正相談と眉下切開

眼瞼下垂の手術後のかたの眉下切開相談

他院でたるみ取り併用全切開と眼瞼下垂の手術を受けたという東京都内の40代女性が
眉下切開の相談に来られました。

【Q】
40歳をこえてからずっとまぶたのたるみや
まぶたの開きにくさが気になっていました。

もちろん今のご時世ですから、
さんざんネット検索して、
いろいろな情報を読み漁りました。

その結果・・
一番まともそうな意見が書いてあったのは、
六本木境クリニックのブログやコラム、ホームページでした。

以前からネットでいろいろな情報を
読み漁っていたこともあって、
最初から六本木境クリニックを受診したかったのですが・・
なかなか予約が取れなかったので・・
(現在はそんなに予約が取れないことはありません。)

空いていてすぐに予約が取れた
東京都内の他のクリニックにまぶたのたるみや
開きにくさを相談しに行きました。

そして・・勧められるがままに・・
たるみ取り併用の全切開手術と
眼瞼下垂の手術を受けてしまいました・・

執刀医による差を理解できていなかった

後から考えると、執刀医によって施術の差が
100点からマイナス100点まであるということを
イマイチ理解できていなかったんですよね・・

心のどこかで「そんなはずないだろ~」
と思っていたんです・・

有名で自信がありそうな専門医なら、
仮に差があったとしても
80点から100点くらいだろう
そう信じていました・・

でも、結果はやはりイマイチでした。

私が勝手に点数をつけるとしたら
20点から30点くらいでしょうか・・

術前には意識したことがなかった
左右差が出てしまいました・・
片側は二重、もう片方は奥二重・・

左右差について相談したところ
筋肉の力が左右で異なるため、
左右差が強調されたとのことでした。

後出しジャンケンのように眉下切開を勧められる!

そして、まるで後出しジャンケンのように
「二重ラインの幅は同じくらいなので、
眉下切開を受けるといいでしょう。」
と眉下切開を勧められました。

でも、汚い傷跡にならないか心配で、
そのクリニックで眉下切開を
受ける気になれませんでした。

その後、散々ネット検索しまくって、
いろいろな情報を読み漁って、
やはり六本木境クリニックしかない
と改めて思ったというわけです。

眉下切開の毛包斜切断法・眼輪筋やROOFについて知りたい

傷跡が非常に気になりますので、
毛包斜切断法での眉下切開を
受けたいと思っています。
キレイにできますでしょうか?

また、眼輪筋やROOFなどについても
さまざまな情報がありました。

でも、何が書いてあるのか
素人にはさっぱり分かりませんでした。

眼輪筋やROOFなどについても
専門家の観点からでいいですので、
詳しく教えていただきたいです。

少しでも早く眉下切開を受けたいです。
すぐに手術を受けることは可能ですか?

【A】

眉下切開で左右差をゼロにすることは不可能?

他院手術後の修正手術は特に、
診察してみないことには何とも言えませんが・・

他院でのたるみ取り併用の全切開手術と
眼瞼下垂の手術後の相談は非常に多いので、
改善できる場合がほとんどだと思います。

また、左右差についてですが、
どのようなお顔の手術であっても
100%左右差を無くすことは
絶対にできないとまで言われています。

さらに、まぶたの左右差をゼロにすることは
絶対に不可能とさえ言われています。

まぶたには「下がっている側だけを上げると、
逆側がウソのように下がる」という
精密な天秤のような調整作用(ヘリング現象)があるため、
左右差をゼロにすることは非常に難しいものです。

このことが分かっていない医師には
左右差をゼロにするどころか、
少なくすることさえもできないでしょう。

眉下切開の傷跡には自信がある

わたくしの場合、眉下切開・眉下リフトには自信がありまして、
女性からは傷跡で叱られたことがないほどです。

(10年以上も眉下切開をやってきて
傷跡が長期に目立ったとお叱りを受けた方は
眉毛の薄い男性お1人だけです。)

また、毛包斜切断法は非常に有名な切開法ですので、
「毛包斜切断法を用いている」とうたっている
クリニックはとても多いのですが・・

なぜだか・・いまだに他院症例で
キレイな傷跡を見たことがありません・・

眉下切開での良い結果と眼輪筋・ROOFとは関係がない

眼輪筋やROOFについてですが・・
ネット情報がよく分からないのも当然です。

わたくしが読んでも、
なぜ眉下切開でそのような用語が
必要なのかすらよく分かりません。

眉下切開で良い結果を出すことと
眼輪筋・ROOFとは関係がありません。

キズや傷跡に自信がなくて、
キズや傷跡で差別化できないクリニックが
意図的に差別化を装っているだけかもしれません・・

まぶたの手術を受けた後の眉下切開は難しい

また、まぶたの手術を受けたことがない方の
眉下切開はほとんど全員に
良い結果を出す自信があるのですが・・

他院でまぶたの手術を受けた方が
その後に眉下切開を単独で受ける場合は
良い結果を出せるかどうかは、
診察してみないことには何とも言えません。

まぶたの状態によっては眉下切開と同時に
二重修正や挙筋前転の手術が必要となる場合もあります。

現在、予約が非常に多く、
カウンセリングをお受けいただけるのは
最短でも4カ月先くらいです。

また、手術のご予約はカウンセリングの後にのみ承っています。
ですから、今すぐお電話いただいても
実際の手術は半年くらい先になりそうです。

(現在はそんなに待ちません。)

典型的な二重切開法・眼瞼下垂の手術などの雰囲気、分厚い皮膚で二重ラインが形成され、何年経っても腫れが引かないと言う相談がとても多い。このような目にならないことも眉下切開の良い所である。

 

眉下切開についてはこちら

https://www.problem-eyelid.net/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/guidance/eyelids/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/faq_mayushita/