北海道の女性から眉下切開について質問がありました。
【Q】
ブログをいつも拝読しております。
北海道在住ですが、貴院での眉下切開を検討しております。
北海道からですと遠いため、
カウンセリングと同日に眉下切開の手術していただくことは可能でしょうか?
一度、帰ってから抜糸に伺うと思いますが、
眉下切開の術後すぐに飛行機に乗っても大丈夫でしょうか?
また、カードでの一括払いは可能でしょうか?
【A】
六本木境クリニックでは、実際に、北海道や九州、沖縄といった
ご遠方からお越しになる方が多く、
特に眉下切開では
ヨーロッパや北南米など海外からのご来院も多いです。
ご遠方の方の施術経験が多いということも、
当院の特徴のひとつとなっています。
当院ではお電話だけでご予約をいただいております。
また、どのようなご遠方の方であっても
まずはカウンセリングをお受けいただき、
その後に手術のご予約をお取りいただいております。
予約が詰まっておりますので・・
お電話をいただいてから、
その半年後くらいに手術となることが多いようです。
※今ではそんなに待ちません
カウンセリング後にしか手術予約を承っていない理由ですが、
けがや病気の治療と違って美容の手術に手遅れはなく、
いわば、5年後や10年後でも全く問題ないわけで、
それを、
早く受けないと老けますよ。
今がキャンペーンで来月は値段が上がりますよ。
今日・明日、たまたま空いていますよ。
といったセリフで急かすのは、
どう控えめに考えても詐欺師のようにしか思えない・・
というのが理由の一つです。
頭の良い人やまともな人は、医者でも患者さんでも、
そのような詐欺師まがいのセリフは好きではないでしょう。
また、眉下切開に限らず、
手術はさまざまなリスクがありますし、
結果が思い通りになるというものでもありません。
患者さんと執刀医のイメージ共有も困難なものです。
ジックリ考えてから受けた方が
間違いなく結果も良いですし、納得もできると思います。
また、眉下切開の手術後すぐに
飛行機に乗る人もいらっしゃいます。
記憶に新しいのは、
北海道の40代女性と福岡の70代の女性です。
飛行機と内出血や腫れとの因果関係は不明ですが、
お二人とも、内出血や腫れが
まあまあ・そこそこひどかったそうです。
眉下切開後、すぐに飛行機に乗っても、
大きな支障はないと思いますが、
当院の平均的なダウンタイムよりは、
少しひどいケースが多いような印象があります。
当院の眉下切開の平均的なダウンタイムは、
腫れも内出血もあるにはあるけれど、
「他の人って全然見てないよね」くらいの人が8割。
内出血や腫れがひどかったケースは1割以下。
その中間くらいの人が1割強と言ったところでしょうか。
眉下切開の直後に飛行機に乗った人の場合、
当院の平均よりも内出血が目立つことが
少し多いように思います。
また、カードは使えません。
本当に申し訳ありません。
DSCN9320
学会で新潟に行ったときの窓からの景色です。
すばらしい景色でした。

土地が広くて驚きました。