眉下切開希望でカウンセリングに来られたかたの話です。

【Q】
先日、眉下切開カウンセリングに伺った○○です。
六本木境クリニックで拝見した眉下切開の症例写真の
傷や傷跡のきれいさやダウンタイムの無さに驚きを隠せません。

眉下切開を受けるのであれば、
六本木境クリニックでお願いしたいと思っていますが、

某クリニックで、

「六本木境クリニックの眉下切開は、
腫れない、バレない、を売りにしているが、
眼輪筋を切除した場合の眉下切開では、
術後は必ず腫れてバレるものであって、
六本木境クリニックの写真のようにキレイな術後経過はあり得ない。

おそらく、眼輪筋などに手を加えず、
皮膚切開のみの症例だけを取り上げていると思われる」

と、言われました。

また、当然、内出血と腫れは個人差があると思いますが、
やはり六本木境クリニックでも眼輪筋を切除する場合は腫れるのでしょうか?
【A】
ご連絡ありがとうございます。
ご指摘通り、個人差ももちろんありますが、
その100倍大きいのは、医者の個人差だと思っています。

わたくしの眉下切開症例の過半数は
ビックリするほどダウンタイムが少ないです。

でも逆に・・、1割くらいでしょうか、
眉下切開後、試合に負けたボクサーのように腫れて
パンダのように内出血がひどい方もいらっしゃいます。

眉下切開について、一番惑わされてはならない情報は、
眼輪筋うんぬんのように思います。

眉下切開の傷跡がきれい・ダウンタイムが少ないというような
素人の方でもはっきり分かる言葉を使っている場合は
ごまかしようがありませんが・・

専門用語を織り交ぜて分かりにくい説明をしている場合は、
素人の方をカモにしようとしている場合さえあります。

わたくしは最近・・・
眉下切開で眼輪筋の切除は全くいらないと思っています。

たまたま眉下切開をたくさん行っている先生方とお話する機会があって、
形成外科専門医で美容外科医の先輩や有名美容外科医、
元大学の形成外科講師2名といった充実したメンバー数人で
このことについて話したのですが、

その結論は、
「眉下切開で眼輪筋うんぬんと言っている先生の発言の意味が分からない」
「ひょっとすると素人をだますためのものかも・・・」
というものでした。

わたくしは以前はご希望があれば
眼輪筋の切除・吊り上げも行っていたのですが
その結果も踏まえて、眼輪筋の切除を行った方が
結果が悪いように思っています。

眉下切開で眼輪筋の切除・吊り上げを行うと

腫れやすい、ひどい内出血が原因の凸凹が出やすい、
変な引き連れが出やすい、異様なくぼみが出やすい。
そのように思っています。

わたくしの記憶が正しければ
○○さんは眉下切開に向いていたと思います。

また、眼輪筋や脂肪を取らなくても
すごくスッキリして後戻りもしないというのが、
眉下切開を上手くおこなった場合の一番の醍醐味です。

お互いに変な情報に惑わされないように気を付けましょう。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

DSCN3961
カモ。