名古屋から眉下切開希望の方の質問でした。

【Q】
年々、まぶたがたるんでいくことが悩みです。
眉下切開に興味津々です。

眉下切開を受けた後も引き続きまぶたって
年々たるんでいくのでしょうか?

ちなみに接客業で長い休みがとりにくい仕事をしていますが
眉下切開のダウンタイムってどの程度のものでしょうか?
【A】
眉下切開後にどんどんたるむということはありません。

たとえ話で正確な数字ではありませんが
少しでも分かりやすいように、
あえて数字を用いて説明してみます。

イメージとしては
加齢によって1割程度の皮膚がたるむとして
眉下切開では2割~3割の皮膚を切り取ってしまいますので
その効果は永続的かつ決定的です。

眉下切開を受けると年をとってもいつまでも
年齢よりもずっと若い目をしているというのが正解です。

実際に眉下切開後、若返っただけでなく
若いころよりも目が大きくなった

眉下切開を受けると
若いころよりもずっとインパクトのある目になった

眉下切開を受けるとハーフっぽい顔になった
などという都市伝説風の話が非常に多く聞かれます。

眉下切開のダウンタイムについてですが・・

人に顔を近づけてお仕事をされる方でも
通常、眉下切開後1週間あれば最悪の内出血の場合でも
コンシーラーで隠せると思います。

わずかな腫れは徐々にしか引きませんが
他人にはわからない程度です。

また、抜糸は6日から14日後ですが
六本木境クリニックの眉下切開では
非常に細い半透明の糸で丁寧に縫いますので
糸が付いていても目立って困ることはありません。

※眉下切開の抜糸は10日前後をおすすめしています。

 

DSCN0622 DSCN0621
クリニック近くのイタリアン ジリオーラさん。