まぶたが分厚いと言う若い女性から眉下切開相談がありました。
【Q】
まぶたが厚いのでスッキリさせたいです。
私のまぶたは誰が見てもかなり分厚いので
絶対に脂肪や筋肉を取った方がいいと思っています。
眉下切開と同時に
脂肪や筋肉を取ることは可能でしょうか??
親も祖母もまぶたがくぼんでいないので
年を取ってもまぶたがくぼむ心配はないと思います。
眉下切開と同時に
脂肪や筋肉を取る場合、追加料金などかかりますか?
【A】
ありがとうございます。
もちろん、眉下切開と同時に
脂肪や筋肉を取ることも可能ですが・・
取らずにすごくスッキリさせることができるのが
眉下切開の一番すごいところです。
このことはご自身でシミュレーションしてみると
すぐに分かります。
眉毛付近の皮膚をバランスよく頭側に持ち上げると
それだけで、睫毛に近い部分が
かなりスッキリして見えると思います。
実際の眉下切開では、
眉毛近くの皮膚は切り取ってなくなりますので、
眉毛の下の部分は見ずに、
睫毛付近だけで判断することが重要です。
眉下切開で皮膚を切って引っ張ると、
もっともっとスッキリすると言えます。
眉下切開で脂肪や筋肉を取った方は、
内出血や腫れがひどくなることが多いですし、
デコボコや外観が不自然になることが多いです。
何も・・わたくしが、何の根拠もなく
このような発言をしているのではありません。
わたくしが脂肪や筋肉を一度も取ったことがなく、
そのような手技が嫌いだからというわけではありません。
昔は眉下切開で脂肪や筋肉を取っていました。
その結果、ダウンタイムが長かったり
凸凹やヒキツレが多いという以外には差を感じず
良いことが何もなかったため、今ではやらないというわけです。
脂肪や筋肉を取らずにスッキリさせた方が
内出血や腫れなどのダウンタイムが少ないですし、
仕上がりの凸凹も少なく、まぶたがツルリとなだらかで
出来栄えが自然になります。
東洋人の場合、まぶたの一番飛び出している部分は骨ですので
脂肪や筋肉を取ってしまうと、その骨との段差ができて
ゴリラのように凸凹することが多いと感じています。
「脂肪や筋肉を取ります」というクリニックは、
お得感を出したり、売り上げのためにトッピング料金を取ったり
言葉による差別化を行っているだけであると
われわれ、眉下切開をたくさん行っている形成外科医は認識しています。
眉下切開で一番大切なことは、
間違いなく傷跡のキレイさです。
筋肉や脂肪など、他の単語を強調する場合、
傷跡に自信がないという場合がほとんですので要注意です。
眉毛の下の部分は人の目が特に集中する部位です。
自分の目線は目と目の下の方に行き、
他人の目線は目と目の上に行くと言われています。
その証拠に、二重整形は人からバレやすく
目の下のクマやたるみは自分で気になりだしてから
他人から見て見苦しくなるまで10年くらい
時間的な猶予があるとも言われています。
眉毛の部分の傷跡が目立つと、人目が気になって、
表を歩けなくなったり、人前に出られなくなったり・・
ということはよく言われています。
有名クリニックで眉下切開を受けたという方からの
テカテカと反射して白く光る白色瘢痕(きずあと)についての
相談は非常に多く、ビックリさせられています。
相談に来られるどの方の傷跡も白くて幅の無い一直線の傷跡で
他の部位にあってもそんなに気になる傷跡ではなく
形成外科的には十分合格の傷跡です。
しかし、そのような傷跡は照明でテカりが目立ちますし、
化粧がのりませんので、化粧で隠すこともできず・・
一生苦しむものです。
カウンセリングにお越しいただけましたら、
30分かけて、モニター写真や図も使って、
詳しく丁寧にご説明いたします。
DSCN9295
六本木の後藤フラワーさんのハイビスカス。
沖縄のイメージですよね。