東京郊外の40代女性から眉下切開の相談がありました。
【患者さん】
若い頃から、ひたいのしわがすごく気になっていました。
昭和な感じの表現ですが・・、最近はバカボンのパパのように
ひたいのしわがひどくなったように感じています・・
それで、他のクリニックで
ひたいにボツリヌストキシン注射を打ったのですが・・
確かに、しわは劇的に改善しました。
でも、ひたいが動かなくなって、
なんだか重たいものが乗っているような感じで、
さらに、まぶたも重くなって・・
見た目も感覚も表情もひどく不自然で・・
気持ち悪い感じになってしまいました。
担当医に相談したところ
「待っていれば、だんだん元に戻る」
と言われました。
それから1年経ちましたが、
それ以後、まぶたのたるみを強く感じるようになりました。
まぶたのたるみとひたいのしわを
自然なイメージで改善したいので、
今回、六本木境クリニックに眉下切開の相談に来ました。
【境】
いわゆるボトックスリフトを受けたら、
吊り目で、こわい顔になったという話をよく聞きます。
また、目じりのしわにボツリヌストキシン注射を打ったら
目の下が変にたるんでクマが目立つようになった
目の下がお年寄りのようなイメージになった
老けた・しまりのない顔になった
という話もよく聞きます。
こういった様々な相談が多いのも
ボツリヌストキシン注射の特徴といえるでしょう。
こうした場合、
「筋肉が弱くなって下がる・たるむ」
「待っていれば回復してくる」
と言われることが多いようですが、
実は、「打つ前より少し老ける」
というのが正解と言えます。
眉間にボツリヌストキシン注射を打ち続けている人は
鼻に横じわがあると言います。
しかも、この横じわは定着してしまっているため、
ボツリヌストキシン注射をやめても改善しないと言われています。
このようなことを医者に真剣に相談しても、
「ちょっと量が多かったね、次回は減らします」
「少し打つ範囲が広すぎたね、次回は狭く打ちます」
と、まるでマニュアルを読んでいるかのように
対応をされることが多いようです。
本当にそうなのでしょうか?
たまたま起きたことなのでしょうか?
ボツリヌストキシンに関するこういった相談は非常に多く、
ごくごく一般的な話のようです。
非常に多くの相談があり、いつもビックリさせられています。
ボツリヌストキシン治療の場合、
確かに「しわは改善された」と
全員が感じているかもしれませんが、
同時に「たるんでしまった」「不自然になった」とも
ほぼ全員が感じているように思います。
個々の事例を取り上げて、
あたかも一般的なことのように話すのは科学的ではない
という医師もいるかもしれませんが・・
本当にこういった相談が多いのです。
わたくしは、現場で聞いた生の声を
ブログでお伝えしているのです。
やはり、ひたいのしわと目じりのしわには
眉下切開が最強です。
「眉下切開を受けたら自然に動くし、しわが減って本当に素晴らしい」
と、眉下切開をお受けになった方々に
いつも喜んでいただいています。
わたくしはひたいのしわに対するいろんな治療に対して
特に昔から疑問を感じていました。
ひたいのしわというものは、
まぶたのたるみや眼瞼下垂によって
まぶたが開きにくくなったために、
補助的に前頭筋を使ってまぶたを持ち上げるようになり、
そのため、ひたいに力が入ってしまい、
その結果として、しわができると言われています。
このような場合、根本的に改善できるのは、
やはり、ひたいの治療ではなく、
まぶたの治療といえるでしょう。
その代表的なものが、
眉下切開や眼瞼下垂の手術と言えるのです。
ひたいを直接治療する方法(ボツリヌストキシン注射も
ヒアルロン酸も切る前額リフトも糸のリフトも)は、
一時しのぎに過ぎず、良い治療とは言えないでしょう。
また、眼瞼下垂の手術などの二重ラインの手術では
ひたいのしわは減らせるけど
目じりのしわは悪化することが多く
お勧めできるのは、やはり眉下切開です。
dscn9966_2
河合神社(下鴨神社の摂社)
方丈記で有名な鴨長明の実家です。
なんと、美人祈願で有名ですので
われわれ美容外科医にも
大いに関係のある神社と言えます。
dscn4722
美人祈願の鏡絵馬