またまた東京都内の女性からスプリングスレッド相談です。
日本や韓国で溶ける糸の施術を
複数回受けた方のお話しです。
今まですべての糸の施術で、
実感できるような効果を感じられたのは
わずか1~2ヶ月くらいだったそうです。
冗談のような結果に全く満足できなかったそうです。
切るフェイスリフトは効果がないと聞いていて、
(実際にお友達が有名な先生の切るフェイスリフトを受けて
本当に効果がなかったと言っていたそうです)
たるみやほうれい線に対する治療で
何か画期的な良いものがないだろうか? と、いろいろ探して、
ネット上でスプリングスレッドを見つけたのだそうです。
そして、わたくしのブログを読まれて
「まるで何かの広告のようなウソが多いネット上で
数少ない本当のことが書かれているブログだ」
と思ってくださったそうです。
でも・・スプリングスレッドについては
わたくしもブログで感染や凸凹、局所麻酔の範囲が広くて
大変な大手術ですと書いてますので・・
六本木境クリニックのブログやコラムを読めば読むほど、
スプリングスレッドが怖くなって・・
まずは眉下切開を受けてみることにしたのだそうです。
そして、実際に眉下切開を受けたところ、
ものすごく目の開きが良くなったそうです。
また、術後に少しまぶたの縁が赤かったり
腫れやむくみも少しあったそうですが、
ほとんどの人に全くバレなかったそうです。
このことで益々、
「六本木境クリニックのブログって、本当のことが書いてある」
と、確信できたそうです。
「まさか、まぶたの手術・眉下切開を受けた直後から
人にバレないなんてあり得ないでしょ。
バレない確率8割以上とかなんとか言って、本当はゼロでしょう?」
と思っていたそうですが、
「まさか本当にバレないとは・・
と言うことは、スプリングスレッドのことも本当かもしれない。
大変な思いをしてでも受ける価値があるのでは?
本当にライバル施術がないといえるほど世界一上がる施術なのでは?」
と、思うようになったそうです。
でも、いつも行くエステの子に
「何かやった?目が大きくなった。きれいになった」
と言われたそうです。
また、別の友人に眉下切開を受けたことを言うと
「えっ、うそ・・キズが全く分からない。わたしもやりたい」
と言われたそうです。
そして、その友人はすぐに六本木境クリニックに電話して
眉下切開とスプリングスレッドの
カウンセリング予約をしたそうです。
さて、この女性、
今回、念願のスプリングスレッドをお受けになったのですが、
こめかみに何か赤い点があって、盛り上がっていました。
なんだろうと切開して確認してみたところ・・・
なんと・・・、
ナイロン糸が1本、口角まで連続に入れられていました。
以前、他院で溶ける糸の施術を受けた際に、
医師がこの女性に黙って
溶けないナイロン糸で口角を引っ張っていたようです。
溶ける糸の効果を長く見せかけようとしたのでしょう。
本当に美容外科って何でもありの世界ですよね。
「溶ける、溶ける」と、
さも安全かのように宣伝しておいて、
溶けない糸で補強して少し長持ちさせるなんて
いくらなんでもズルすぎますよね。
溶ける糸が1~2年持つと言っておいて
すぐに効果がなくなることを知っていて
あえてズルしてますよね。
確信犯ですね。
商売になれば何をしてもかまわないのでしょうか?
患者さんに内緒で、
患者さんのお顔にメチャクチャやってもいいのでしょうか?
インフォームドコンセントという言葉を知らないのでしょうか?
本当にぞっとする話でした。
DSCN0849
六本木で見かけたケシ
六本木にケシはある意味似合いすぎて何だかこわいですね。