目の下のたるみについて思うこと。

「このしわが・・」と本当にわずかの相談であっても
クリニックによっては、切る手術を勧めているようです。

でも・・、
下まぶたの手術は総じてダウンタイムが長かったりします。

また、切開線は全員が目立たないわけではありませんので
独特な風貌になっている人も多いように見受けられます。

目の下にヒアルロン酸を打つようになって
異様に膨らんだ。大きな顔になった。
しもぶくれになった。
笑うと内側が膨らむようになった。
重みのためか・・ほうれい線が深くなった。

目の下にPRPを打つようになって
しわは減ったけど、何かしら老けたように思う。
皮が余るようになった。
膨らんだ。

下まぶたの脱脂をして、くぼんだ・貧相な顏になった。

目の下を切って、アカンベー状態になった。
傷跡が意外と目立った。

このように・・・目の下・下まぶたに関しては
気になって治療を始めたというものの
余計に気になるようになった
という地獄のような状況の方も大勢いるように思えます。

この部位については、
自分が気になっても、他人から見て見苦しくはない状態を
10年~20年キープできるように
常々思っていました。

目の下や下まぶたは
自分が見える・気になる状態になってから
他の人が見える・気になる状態になるまで
時間的な猶予がある部位だと思います。

判決にも執行猶予というものがあるように
自分で気になりだしても
あまりさわらずにそーっとしていると
10年~20年、時間稼ぎできる場合が十分あり得ると思います。

あまり細かいことを気にしないということも
老けないためには大切であるということもあります。

(気の持ちようというだけでなく、
施術の悪循環に入らないためにも大切です)

わたくしは本来複合手術が嫌いなのですが、
この部位に関しては、極控えめに脱脂して、
0.1ccずつヒアルロン酸を打ったり
スプリングスレッドで下まぶたを引き締めるなどの治療を
まずはお勧めしています。

DSCN0323
朝の六本木境クリニック周辺。

 

DSCN0315
六本木境クリニック エントランス。