10代女性の眉下切開カウンセリングがありました。

【Q】
眠い時にまぶたを強くこする癖が
子供の頃からあって、皮膚が伸びてしまいました。

ごまかすためにアイプチをしていますが
見た目が残念な感じです。

目を開けても厚ぼったいまぶたが睫毛にのしかかって
マスカラがまぶたにつく感じです。
まぶたを閉じると、眠っている間に
人から落書きされたような感じに見えます。

10代の女子なのにひたいのしわも
漫画のバカボンのパパのような感じです。

眉下切開を希望しているのですが、
もともとあった奥二重のラインと
同じ二重ラインにできますか?

二重を作るのではなく、
元の線に重なる?ようにしたいのですが、
可能でしょうか?

眉下切開を受けたら眉毛が生えなくなったり
傷がずっと残るのではないかという心配もあります。
【A】
眉下切開だけでなく、どのような手術でも

術後の結果は100%医者の思い通りにはなりませんし、
ましてや患者さんの思い通りにできるわけではありません。
これが、美容手術における最大の問題です。

しかし、元々の二重ラインを替えないような雰囲気に
仕上げることが可能ということは、
眉下切開の最大の長所ですし、
たるみや厚ぼったさを取ることにも優れています。

むしろ、眉下切開を実際に受けていただいた方から
「手術前に思っていたよりも良かった」
と言われることの方が多いです。

眉下切開の傷跡には自信がありますが、
これについても100%の保証はありません。

しかし、傷跡を気にされる方ほど
当院で眉下切開をお受けになっているようです。

なんと、六本木境クリニックの眉下切開では傷跡に対して
ほとんどお叱りを受けたことはありません。

また、未成年の方は本当に申し訳けありませんが
保護者との同伴をお願いしています。

 

DSCN0584

DSCN0583
六本木の洋食 レンさん。名店です。