例の有名クリニックで最先端風治療を受けたそうです。
個人差がありますと言われたそうです。

六本木境クリニックにはこの治療後の方も大勢来院されますが
ほぼ悪い結果しか聞いたことがありません。

悪いと言っても・・・
世間にたくさんあるような話で
そんなにひどい話ではないかもしれません。

重大な合併症ではなく
高額だが全く効果を感じないというくらいのことです。

個人差というのは1割くらいが悪い場合や
たまたまなことにしか使えません。

効果があったという意見は
わずかに1人・・・
その方も色々な場所に治療してもらったが
効いたような気がしたのは
口周りのしわだけだと言うことでした。

なにか素人に分かりにくいブラックボックス的な
専門用語を売りにしている場合、
極端にクリニック側だけ都合が良いようです。

知り合いの先生が
その治療で有名な先生に質問したそうです。

「先生、その治療は本当に効くのですか?」

「効くかどうかよく分からないけど、
たくさんの患者さんが受けてくれているから良い治療だよ」

???

クリニックの経営的には良い治療?
患者さん目線・消費者目線はどこに??

本当にここは日本なのでしょうか?

当院では溶けない糸のフェイスリフト・スプリングスレッドや

眉下切開のような確実な効果のある治療をおすすめしています。

 

DSCN4448

DSCN4449

タイ料理バンコクさん。
この日横に座った芸能関係者らしき男性がお連れの女性に
「このお店・・・日本で最初にタイ料理を出したお店という都市伝説がある」
と、ウンチクを言われていました。