東京都内からスプリングスレッドと眉下切開の相談がありました。
【Q】
スプリングスレッドと眉下切開の手術を予約しています。
先生のブログやホームページに
「スプリングスレッドと眉下切開の両方を希望していて
どちらを先に受けるべきか迷っている人は、
局所麻酔の範囲が非常に狭く、受けるのが楽であること、
感染の危険がほぼ無いということから
眉下切開を先に受けるのがお勧めです」
と記載されていました。
もともとスプリングスレッドに興味があって
カウンセリングに伺ったのですが、
眉下切開の説明も聞いたところ受けてみたくなって
両方の施術を希望するようになりました。
でも、六本木境クリニックでは眉下切開とスプリングスレッドを
同日には行わないという方針ですので、
先にスプリングスレッド、その後に眉下切開を
と、日をずらして予約しています。
この順番で受けると、
例えば、スプリングスレッドや眉下切開の結果や効果に
何か悪い影響があったりするものでしょうか?
私の場合、もともと顔の下の方のたるみが気になっていましたので
眉下切開よりも
スプリングスレッドを優先して先に予約してしまいましたが
いかがなものでしょうか?
また、首のたるみも何とかして欲しいと強く希望しています。
鏡で見るたび首もビックリするほど老化しています。
カウンセリングの時、境先生が
「顔だけにスプリングスレッドを入れても首まで効果がある」
とおっしゃっていましたが、
本当に首にスプリングスレッドを入れなくても大丈夫でしょうか?
【A】
ブログにも書いていますように、
眉下切開とスプリングスレッドを比較した場合、
スプリングスレッドの施術では、
眉下切開の数十倍の範囲に局所麻酔を打つため、非常に大変です。
痛みに弱い人は泣くほどです。
では、局所麻酔ではなく、静脈麻酔を使用すればいいのでは?
と思われるかもしれませんが、
静脈麻酔を使用した場合、
患者さんは眠っているような状態ではありますが、
無意識に動いてしまう場合があり、
眉下切開やスプリングスレッドのようなお顔の施術では
非常に危ないです。
目なんかつぶしたら責任が取れませんので
六本木境クリニックでは行っていません。
また、眉下切開は約10年おこなっていますが、
感染した人は未だに一人もいません。
スプリングスレッドは感染することもありますので、
その差は歴然です。
総合的に判断して、スプリングスレッドは
眉下切開の100倍大変な手術と言えるでしょう。
ただし、ダウンタイムについては、
スプリングスレッドよりも
眉下切開の方が平均的に少し長いように思います。
でも、基本的に・・
スプリングスレッドを先に受けて、
その後に眉下切開を受けても問題ありません。
スプリングスレッドの効果に影響が出る
ということはありませんし、
どちらが先でも何も問題ないと思います。
気になる方を優先させるというのも大切です。
口まわりを特に気にされている方は、
スプリングスレッドを先に受けることが比較的多いです。
この順番でお受けになる方も3割くらいいらっしゃいます。
また、首の筋肉は鼻の横くらいまでしっかりとつながっていて、
お顔と首は一続きと言っても過言ではありません。
頬にスプリングスレッドを入れることで
首まで十分に効果が出ると思われます。
首には入れなくても満足できることがほとんどでしょう。
また、眉下切開ではまぶたのたるみだけでなく
ひたいや目じりのしわも十分改善される傾向にあります。
スプリングスレッドと眉下切開の両方を受けると
昔のいわゆるフルフェイスリフトのような
大手術以上の効果を実感できると思います。
また、ご質問がございましたらご連絡ください。
DSCN9294
六本木 後藤フラワーさんのハイビスカス。
すっかり夏ですね。