その昔、医療とは、
シャーマン(呪術師)がおこなっていたのだそうです。

そうした時代では、医者も患者さんも
まるで魔法のようなラッキーなことや
ハッピーなことが起こるのではないかと
医療に対して心のどこかで期待していたようです。

人体はとてつもなく複雑で素人には分かりにくい。
その方がシャーマンには都合がいいのです。

コラーゲンなどの専門用語を織り交ぜて、
あえて分かりにくい説明をしたり、
高級そうなレーザー機器を使用したりする方が
信者は「ありがたい気持ち」にさせられるようです。

また、玄人にも分かりにくい方が都合が良いそうです。

患者さん
「効果がありません」
「元に戻ってしまいました」
医者
「個人差ですかね」
「もう一回やってみませんか?」
「相乗効果があるかもしれません、ないかもしれません・・・・」
「だって、人体って複雑ですもん」

本当は、魔法のような効果が出るかも、魔法のように良くなるかも、
という“期待”を商売として売っている。

当然、ありえないのに・・・

わたくしは、溶けない糸(スプリングスレッド)、切る手術(眉下切開)、

削る手術(刺青・タトゥー除去の削皮)のような

素人にも玄人にもわかりやすい施術が好きです。

DSCN3464
京都伏見稲荷の楼門。

豊臣秀吉が作ったそうです。ものすごく立派です。

DSCN3465

DSCN3466

左右のキツネさんたちも今にも動き出しそうなほどの迫力。

DSCN3467