有名な高周波治療とヒアルロン酸をたくさん注入する治療を
同日に行うことをすすめられ、言われるままに受けたそうです。

高周波の方は、5ヵ月経った今では既に効果を感じでいないそうです。
ヒアルロン酸の方は、目の下が不自然にふくらみ、
パっと見だけでもヒアルロン酸大量注入後と分かる顏になってしまいました。

目は施術前よりも小さく感じ、
最近重みで下がってきたようにも感じられ、

ほうれい線やマリオネットラインが目立ち四角い顔になって
かえって老けて見える気がするとのこと。

そもそも、同時に複数の施術をすすめられる場合、
単独施術での効果が乏しくてごまかす意味あいが含まれていることがあります。

まさに、この場合には典型的な例でしょう。
美容医療(特にたるみ・ほうれい線治療)でのウソには典型的なパターンがあり、
数学や物理の公式のように、何パターンかだけ・・・
代表的な物さえ覚えているとだまされないでしょう。

そのパターンですが、

1、焦らせる、正常な判断力を奪う、典型的な詐欺の手口
2、キャンペーンや安売り、どんどん安くなる、少し待った方が安いことが多い
3、今日たまたま空いています、いつもガラガラ
4、複合治療 単独で効果がない場合? 本当は効果がないかもしれません
5、繰り返す治療、本当は効果がない場合に、通っている間に人間関係を作ってごまかす
6、効果が出るまで時間がかかる、本当は効果がない場合に
(成長因子などのように本当に後で効果が出てくる場合もありますが、その場合には結果が読みにくいという欠点があります)
7、老化には勝てません 後戻りの有名な言い訳・本当は効果がない
8、過矯正、後戻りの有名な言い訳・本当は効果がない
9、説明が短い、時間がないのではなく・・本当は自信がない、ボロを出さないため・・
あえて大切なことを言っていない・不利な事やリスクを言わない
10、手術時間が短い、上手いのではなく、本当は雑なだけかも
11、分割する、本当は途中で終わる

本当に効果があるものは、とてもシンプルです。

六本木境クリニックのたるみ治療・・

お顔の上半分は眉下切開

お顔の下半分はスプリングスレッド・・

シンプルで素敵ですよね。

DSCN6248

東京でも一際 大都会 新宿。
方向音痴のわたくしは・・
上京したてのころ 何度 迷子になったことか・・・

以前勤めていたクリニックの看板がありました。
まるで自社ビルの様で立派・素敵です。