眼瞼下垂の手術と眉毛下切開について悩むこと

切らない眼瞼下垂の手術で戻った

眼瞼下垂症の手術を受けるべきか、眉毛下切開の手術を受けるべきか悩んでいますと言った相談はとても多いです。。

他院で眼瞼下垂と言われましたが、仕事が忙しく、眼瞼下垂の手術を受けてしまうと内出血や腫れなどダウンタイムが気になってしまうと思ったので、切らない眼瞼下垂の手術(埋没?)をお願いしました。でも、若い頃から厚ぼったいまぶただったためか、すぐ完全に戻ってしまいました。

眉毛下切開と眼瞼下垂の手術のどちらが自分に合った手術?

そこで眼瞼下垂の手術を検討していたところ、六本木境クリニックのホームページやブログに行き着き、眉毛下切開というものを知りました。でも、眉毛下切開と眼瞼下垂の手術のどちらが自分に合った手術なのかが分かりません。

眼瞼下垂の手術と眉毛下切開でお悩みのかたは大変多いようです。まさに、今日の午前中もおじさんとおばさんが保険適用の眼瞼下垂の手術を受けて、変な顔になってしまったので、ネットで散々検索して眉毛下切開を知ったというかたが相談に来られました。

切らない眼瞼下垂の手術は埋没?

また、切らない眼瞼下垂の手術が埋没?と言う感覚はするどいと思います。切らない眼瞼下垂の手術は埋没の変法のようです。

一般のかたどころか施術を行っている医師の間にも埋没や切らない眼瞼下垂の手術に対する大きな誤解があります。それは、まぶたの分厚い人が分厚い皮膚が乗っかったように見えたり、分厚い皮膚で無理やり作られたような不自然な二重に見えやすく、戻りやすいと言ったものです。

ところが東洋人ではほとんどの人のまぶたが分厚いですので、普通程度のかたでも厚みが不自然で戻りやすいようです。

また、まぶたのたるみが多いほどまぶたのたるみを無理やり二重の下に押し込める傾向となるので、どうしても不自然な雰囲気になりますし、糸が取れやすいようです。

二重埋没法や切らない眼瞼下垂の手術ではコロコロ感・痛みを訴える人が多く、視力が落ちて行く人もいて、けいれんする人もいるそうです。眼科の先生に相談すると大抵・・目に悪いのでやめたほうがいいなんて言われると思います。

眼瞼下垂の手術と眉毛下切開の適応は?

切る眼瞼下垂の手術と眉毛下切開でお悩みのようですが・・わたくしの経験上、眉毛下切開を優先させたほうが無難ですし、眼瞼下垂の手術が向く人よりも眉毛下切開の手術が向く人のほうがけた違いに多いと思います。

まぶたの開きが悪い状態には、主に、皮膚のたるみと腱膜のゆるみがあって、皮膚のたるみのほうが優勢であるかたがほとんどだと思います。

非常に多い皮膚のたるみの治療が眉下切開です。その一方で、腱膜のゆるみである眼瞼下垂が眼瞼下垂の手術の適応だとされていますが、軽度の眼瞼下垂のかたについては眉下切開でも十分な改善が得られます。

軽度の眼瞼下垂のかたは眉下切開でまぶたの重みがとれて、開きがよくなるだけで十分だし、そのほうが不自然な整形顔にならずに自然な改善が得られます。

九州で保険適応の眼瞼下垂の手術や眉毛下切開をやっている後輩は、最近、できるだけ眉毛下切開から行うようにしたら、眼瞼下垂の手術が必要な人がとても少ないことが分かったなんて言っていました。

先に眼瞼下垂の手術を受けると眉下切開を受けても不自然さがとれない

また、眉下切開を先に受けてしまっても眼瞼下垂の手術がやりにくくなったりはしませんが、先に眼瞼下垂の手術を受けてしまうと不自然な整形顔になって、その後に眉下切開を受けても不自然さがとれません。

そもそも、医師から眼瞼下垂と診断されたとしても、本当に眼瞼下垂の手術が必要なほどの眼瞼下垂症だったかどうかすらあやしいです。

眼瞼下垂とはただ単にまぶたの開きが悪い状態をあらわしている言葉です。完全に健康な状態から完全なる病気(眼瞼下垂症)までの連続した状態を意味しています。

そのため、確信犯的にだれでも眼瞼下垂と診断して眼瞼下垂症の手術を行い、不自然な整形顔を大量生産している医師も多いようです。

眉下切開が眼瞼下垂の手術に押されまくりの理由

ただ、世間では眉下切開が眼瞼下垂の手術に押されまくりなのが実情です。

このことには理由があって、眉下切開は傷跡が目立つと非常に悲惨なのです。そして、眉毛下切開の傷跡をきれいにできる医師が少ないため、眼瞼下垂の手術を優先的にすすめてしまう医師が圧倒的に多いのです。

眉下切開と上手く組み合わせると二重ラインの手術でも整形顔になりにくい!

また、埋没後に不自然さや左右差が出てしまっているかたについては、眉下切開プラス切開法(埋没の修正)をおすすめすることもあり、眼瞼下垂の程度がひどい場合には眉下切開プラス眼瞼下垂の手術をおすすめすることもあります。

そして、眉下切開と上手く組み合わせると、眼瞼下垂の手術を受けても整形顔になりにくいです。

指で眉毛を持ち上げると改善するものは眉下切開を受けると改善することが多い

また、先日、有名な先生の眼瞼下垂の手術を受けて、手術前よりたしかに開きは良くなったけど、指で眉毛を持ち上げるとずっと開けやすいんですけど、これって・・眉下切開を受けたら改善しますかって相談だったのですが、

ハッキリ言って、指で眉毛を持ち上げると改善するのであれば、眉下切開を受けると9割方改善します。でも、手術ってやってみないと分かりませんので、100%のお約束をすることはできません。

でも、後出しジャンケンみたいなのですが、指で持ち上がると開きがよくなるのでしたら、ひょっとしたら、眉毛下切開だけで改善できていたのかもしれないですよね。

眼瞼下垂の手術後に眉下切開を受けても何だか整形したような顔ですよね。先に眉下切開を受けて、後から二重ラインで皮膚を切り取らずに眼瞼下垂の手術を行ったり、眉下切開と眼瞼下垂の手術を上手く組み合わせて同時手術を行うと整形顔にならずに自然な改善が可能です。

眉下切開が向かない人はめったにいないが美容外科手術に手遅れはない

カウンセリングのとき、モニター症例の写真や画像を見せていただけますか?そして、遠方なので何度も通院することが難しいです。初診当日に日帰りで手術というのはやはり難しいでしょうか?

カウンセリングにお越しいただけますと、実際に手術を受けた人のお写真をお見せして詳しくご説明いたします。

六本木境クリニックでは10代から90代までのかたが眉下切開を受けられているように、眉下切開の適応でないかたはめったにいらっしゃいませんが、美容外科手術には手遅れはありませんし、絶対必要なかたもいらっしゃいません。

そのため、当院ではカウンセリング後によく考えていただいてから手術のご予約をおすすめしていますので、カウンセリングと同じ日の手術はお断りしています。

70代女性、保険適応の眼瞼下垂手術前
保険での眼瞼下垂の手術適応は2mm以下しかまぶたが開かない人
保険の眼瞼下垂の手術1年後
保険の眼瞼下垂の手術1年後、腫れが引かない?まぶたのうすくてしなやかな皮膚が切り取られ、分厚い皮膚で二重ができている。腫れではないので引くはずがない。
眉毛下切開後の70代女性 自然な印象

眉下切開についてはこちら

https://www.problem-eyelid.net/

https://roppongi-sakai-clinic.com/guidance/eyelids/

https://roppongi-sakai-clinic.com/faq_mayushita/