結婚とタトゥーや刺青の除去

六本木境クリニックには毎日、たくさんの質問メールが届きます。

刺青・タトゥー除去に関しては結婚や就職に関連したものが多いものです。今回、多くの人が疑問に持ちそうな内容のメールが来ていたので、ご紹介したいと思います。

結婚とタトゥー・刺青除去に関する質問

私には若い頃に入れたタトゥーがあって、現在婚活中なのでタトゥー除去を前向きに考えています。

タトゥーとタトゥー除去後の傷跡であれば、どちらが男性にとってまだ受け入れられやすいのでしょうか?

もちろん人にもよるでしょうが、先生の個人的な意見として、男性はタトゥーとタトゥー除去後の傷跡であれば、どちらの方が受け入れやすいと思いますか?

結婚とタトゥー・刺青除去に関する質問への返事

婚約者と一緒にタトゥーや刺青の除去相談に来られて、途中で婚約破棄されたかたもいらっしゃるので、タトゥーや刺青は結婚してから取る方が無難と言えば無難ではありますが・・

人によってそれぞれいろんな事情やいろいろな側面があると思いますので一概には何とも言いきれません。

タトゥーや刺青を見慣れている人にとっては、タトゥーや刺青のほうがぜんぜん平気ですし、反対にタトゥーや刺青を特に怖く感じたりするようなタトゥーや刺青に対する拒絶反応が強い人もいるかもしれません。

タトゥーや刺青に対して嫌悪感を持っている人でしたら、むしろタトゥー除去後に知り合ったほうが良いのかもしれません。

タトゥー・刺青に関しては結婚相手の親が大問題

その辺のことは人それぞれで一概にはどうこう言えないのかもしれませんが・・

わたくしが絶対的に言えることは配偶者や婚約者・結婚相手の親には刺青やタトゥーを入れていることを知られないほうがいいと言うことだけです。

自分の子供って絶対に世界一かわいいので、結婚ってただでさえ難しい・・自分の子供と釣り合う相手なんていないと思ってしまうのが人間の親だと言えますし、ただでさえ、いろいろあらさがしをしてしまうと思います。

釣り合うかもしれない人ってなかなかいませんよね。財閥や貴族の子供・芸能人やスポーツ選手でもダメな場合も多々あるかも・・

結婚相手の親に刺青やタトゥーが入っていることを知られてしまった人は、かなりの確率で悲惨な結末となっています。

そもそも、刺青やタトゥーが入っていることを親に内緒にしてくれないような人とは結婚しないほうがいいと思います。

結婚とタトゥー・刺青除去の傷跡について

傷跡については程度問題だと思います。そんなに汚くないうすいような傷跡でしたら許容範囲の人がたくさんいたとしても不思議ではありませんが、若い男性のなかには盲腸の傷あとを見ても全くダメと言った人もいます。

ちなみに、最新型のピコレーザーでも傷跡が残ります。だって、刺青やタトゥーには墨を入れた時にできた傷跡が除去治療前からありますので、

どんなに最新のピコレーザーで魔法のように刺青やタトゥーの色素が消えたところで、レーザー治療を受けた人には傷跡が浮かび上がってくるように感じるというわけです。

でも、それだけじゃありません。レーザーによる刺青・タトゥー除去治療ではやけどをおこしますので、傷跡が確実に増えます。

わたくしは最新のピコレーザーをまだ購入していませんが、刺青・タトゥー除去用のレーザーとして、QヤグレーザーとQルビーレーザーの2台を持っています。

そして、削皮・剥皮後のレーザーまで含めると、刺青やタトゥーに対して数千例のレーザー除去治療を行ったことがありますし、元やけどの専門医ですから・・このことは強く断言できます。

最新のピコレーザーですら例外なく・・傷跡が必ず増えます。

タトゥー・刺青除去での最新のピコレーザーと削皮・剥皮との違い

特に刺青やタトゥーが入っているという部分が引っかかっていて、婚活が上手く行っていないように感じる場合やどうしても取りたいときは

刺青・タトゥー除去治療期間が1年半くらいかかりますが、削皮・剥皮+レーザー除去で取ってもいいとは思います。

もちろん、刺青やタトゥーの除去治療に通常・・手遅れはありませんし、絶対にやったほうがいいということも普通ありません。(これ以外の意見には悪質なウソが多いです。)

結婚相手のかたと2人だけで内緒にして、相手の親にばれないようにずーっと隠し通してもいいと思います。

また、刺青・タトゥーの除去治療を受けるとして、上手く隠している間に十分悩んでからでいいと思います。

レーザーだけの刺青・タトゥー除去と削皮・剥皮との差は、全体を傷跡にして模様を上手くごまかせるということです。

どんなに高性能・最新のピコレーザーで治療したとしても、元彼の名前のような文字タトゥーは文字がいつまでも読めますが、削皮・剥皮を行ってレーザーを打つと、読めなくなります。

どうしても悩ましいときは、六本木境クリニックの刺青・タトゥー除去カウンセリングにお越しください。

結婚式前に刺青やタトゥーを除去したいというのはおすすめできません。たとえ、最新のピコレーザーであっても凸凹して隠しにくくなってしまう可能性がありますし、実際にそのような相談が後を絶ちません。ですので、結婚式では刺青やタトゥーは除去せず、隠すか、刺青やタトゥーがかくれるドレスを選んだほうが無難です。

 

刺青・タトゥー除去についてはこちら

https://tatoo-jokyo.com/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/guidance/tattoo/

 

https://roppongi-sakai-clinic.com/faq_tattoo/