刺青やタトゥー除去の治療費は基本的に高いです。
症例数が少ない医療機関や変なクリニックでは、
「やったことはないけど、一応やってみますか?」
的なお試し料金・値段であったり、
無理やり保険診療に当てはめたていたり
するかもしれません。
しかし、本当に消すとなると、
まともなクリニックや医療機関では、
自費で高額の治療費となるでしょう。
あまりに安い額を提示する医療機関は、
どう考えても途中であきらめざるを得ないような
劣悪な除去治療であったり・・
刺青治療をあまりやったことがなくて自信がなかったり・・
激安にしないと患者さんが集まらないという状況だったり・・
要するに・・
あまり患者さんがいないクリニックだと思います。
お客さんがいないので安売りしまくっている
というのが実情のようです。
また、ご存知のように外科医は症例数が大切です。
症例数が少ないと、どのように天才的な外科医でも
上手くなる機会すらないというのが真実です。
ですから、あまり安いところは
上手ではないということでしょう。
逆に、他の医療機関とひとケタ違うくらい高額だったり、
異様に高い場合は、刺青・タトゥー除去治療が
あまり得意じゃなくて、
暗に断っている場合があります。
自分から「できません」というのは、
プライドが許さないので・・
値段・料金を高くして、患者さん側から断ってもらう
という作戦のようです。
医者自身のプライドが一番傷つかない方法ですよね。
わたくしが刺青やタトゥー除去の世界に関わってきて、
肌身で感じた値段とは、
極々小さな刺青・タトゥーであっても、
1回の手術料金は10万円以上。
大きな刺青・タトゥーでは100万円前後。
といった感じです。
わたくしは手術料というものは、
ほとんど責任代ととらえています。
刺青やタトゥー除去治療・削皮(剥削)とは、
病気や怪我でもないほとんど健康な皮膚を削り取る
ばい菌からのバリアーである皮膚を削り取る
という責任重大な手術です。
六本木境クリニックではその責任の重さゆえ、
刺青・タトゥー除去治療を安くすることはありません。
また、高額な薬も大量に使用していますので、
その総額はごくごく小さな刺青・タトゥーでも30万円前後。
大きな刺青・タトゥーで100万円前後といったところです。
もちろん、複数回の手術を要するほどの
大きな刺青・タトゥーの場合は数百万円になります。
安い料金については、ぞっとするほど・・
恐ろしい場合があります。
責任を感じていなかったり・・
リスクを感じていなかったり・・
そのような理由で安くしている場合があります。
このような場合は「殺されるかもしれない」
というほど恐ろしいと思います。
責任を感じていない人が手術を行うと
適当なグサグサ・オラオラ系の手術となりますので、
ほとんど暴力や傷害そのものです。
リスクを感じていない場合も同じくらい危険です。
リスクを認識していない場合は、
リスクを回避できません。
そのような場合は、
リスクを認識している医者の施術の
百倍は危険と言っても過言ではないでしょう。
何の実シリーズ。
六本木の道端に何の実?
本当に分かりません??
今年一年ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。