他院での刺青・タトゥー分割切除後や途中の傷跡修正を
たくさん行っていて、気付くことがあります。

刺青・タトゥー分割切除後や途中の傷跡部分を皮膚切開すると・・・
ありえないほど、まるでザクロのように
ジグザグ切開した部分がはじけるということです。

当然・・・
直線状や紡錘形の切開では、傷口が硬くなっており
はじけ方が少ないのかもしれません。

そのために刺青・タトゥーの分割切除を行っている医師はこのことを
大きな問題としてとらえていないようです。

しかし、ジグザグ切開と傷跡をできるだけ除去すると
見事なほど傷跡がはじけます。

大きな刺青・タトゥーの切除や分割切除が
理にかなっていない、無理やり感一杯の手術である
ということは自明の理です。

今回ビックリしたのは
有名クリニックで刺青・タトゥー分割切除を2回受けた1か月後に
傷跡が急にはじけて巨大な生傷になった
という相談があったことです。

上記のような修正手術をよく行っていましたので
そのようなこともあるのではないかと常に疑ってきましたが、

実際に相談があって
「やっぱり・・・!」とビックリいたしました。

なんと、この方はまさに日常生活で傷跡がはじけたのです。

電車のつり革につかまったら
急にはじけて出血したという驚愕の事実です。

大き目の刺青・タトゥーに対する切除は
例え、何回に分けても良い治療ではありません。

大き目の刺青・タトゥー除去治療には、
植皮か削皮しかありえません。

 

DSCN3252

DSCN3253

京都 清水寺周辺 京都っぽさも
観光地感満載なところもいいですよね。