以下はタトゥーや刺青除去の
具体的な見積もりやスケジュールに関しての
メールのやり取りです。
広島20代女性のタトゥー除去希望メールの実際です。
【Q】
10代の頃に勢いで入れてしまったタトゥーを取りたくて、
ここ数年悩んでいます。
周りにもタトゥーを入れている人がいて
実際に治療を受けているのですが、
良い結果の人は全然いません。
みんなレーザーで中途半端な結果になっていたり
切除で汚い傷跡になっていたりします。
肩の近くに10cm大のタトゥーがあります。
削皮での除去を希望ですが、
料金はどのくらいでしょうか?
【A】
タトゥーや刺青の削皮という手術は、
ばい菌のバリアーである皮膚を
わざわざ手術で削って破壊するような
責任重大な手術です。
さまざまなリスクがあって説明が非常に大変です。
ごくごく小さなものを除くと、
通常30万円以上とさせていただいております。
肩周りがもっとも手術料金のばらつきが出る部位です。
肩の下から二の腕の部分が非常にケロイドになりやすくて
一番難しい部位ですので、値段を高くしています。
肩から後ろ・背中の方向は、
真皮というばい菌からのバリアーが分厚く
リスクは低いと言えます。
また、この部位は関節可動域から離れれば離れるほど
ケロイドになりにくくなっています。
黒一色の刺青・タトゥーの場合は安く、
緑・青・紫などの追加レーザーが難しい色の場合は高く、
墨が浅く入っていて薄い色の場合には安く、
盛り上がっていて深くて濃い場合には高く、
という感じにいろいろな側面から診て料金設定しています。
おそらく、お薬や追加レーザーなど諸々を含めて
70万円~100万円になるかと思います。
【Q】
肩の背中側・黒一色の刺青です。
実際にタトゥーレーザーの有名クリニックにも
カウンセリングに行きましたが、
墨が濃くて深く盛り上がっているので、
10回以上のレーザー照射が必要と言われました。
また、平日は仕事をしていて、休みにくい状況です。
土日だけで何とかなるものでしょうか?
治療のスケジュールや治療期間は
どのような感じでしょうか?
【A】
濃くて少し盛り上がりがあるタトゥーや刺青の除去の場合、
何十回レーザーを受けても消えることはないでしょう。
もっと盛り上がって、
灰色の部分と赤黒い部分が混在した状態となり、
効果は横ばいとなります。
数年かけて何十回受けても、
満足できるものではないと言えます。
背中の場合は、
特に削皮が絶対適応だと言えます。
料金は、おそらく70万円から90万円でしょう。
通院はカウンセリングで1回、
手術の日には翌日再診があるので、
1泊でお越しいただいております。
(土日も診療していますので、土曜日の手術がよいと思います)
その後は、3か月おきに2~4回程度レーザー照射があります。
ですので、合計で4~6回東京にお越しいただき、
治療期間は1年半前後となるかと思います。
削皮は、タトゥー・刺青除去では、
早い治療だと思いますが、
六本木境クリニックは予約が非常に詰まっていますので、
今、お電話でご予約をいただいても、
カウンセリングはおそらく4か月以上先になり、
カウンセリング後にのみ
手術のご予約をいただいておりますので、
実際の手術は、半年以上先となりそうです。
※最近ではそんなに待ちません。
dscn9982
dscn9976
京都の下鴨神社。
境内におどろくほど巨木が多い。
紀元前から神聖な場所だったそうです。
なんと・・森自体は縄文時代からずっと継続して
そこに存在していたと言います。